保篠 龍緒

(ホシノ・タツオ)
保篠 龍緒(ほしの たつお、1892年11月6日 - 1968年6月4日)は、作家、翻訳家、『アサヒグラフ』編集長。 モーリス・ルブランの「アルセーヌ・ルパン(リュパン)」シリーズの翻訳で知られる。 長野県飯田出身。本名・星野辰男。東京外国語学校仏語科卒業。卒業後は文部省勤務。1918年、神田の書店で、ルブラン作「怪盗紳士ルパン」フランス語原書を見かけ、ユニークな題名にひかれて購入、読んでみたら星野自身が内容の面白さに引き込まれ翻訳をしたと伝えられる。 文部省役人としての立場上、本名で翻訳活動にあたることを憚り、本名の漢字を入れ替えて筆名とした(保篠竜緒という表記もある)。 1918年、金剛社から保篠による最初のルパン翻訳「怪紳士」出版。この金剛社刊のルパン作品はデビューして早速シリーズ化、保篠は次々にルパンシリーズを翻訳していく。このシリーズの一編として18年発売された「奇巌城」は、原題から離れて保篠が考案した訳題であり、内容を的確に捉えた名タイトルとして知られることになる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

保篠 龍緒の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

怪盗ルパン



講談社

アルセーヌ・ルパン (スーパー文庫)


保篠 龍緒 翻訳 /
講談社

怪盗ルパン 2



講談社

813(上) 813


保篠龍緒 翻訳 /
グーテンベルク21 2013-03-29
ルブランのルパン・シリーズ屈指の長編・名作。「奇巌城」の冒険のあと、ふっつり消息を絶ったルパンが、ケスルバッハというダイヤモンド王の殺害者として急浮上する。ルパンは生きていた! だが「血を見ることを極

813(下) 813


保篠龍緒 翻訳 /
グーテンベルク21 2013-03-29
ルブランのルパン・シリーズ屈指の長編・名作。「奇巌城」の冒険のあと、ふっつり消息を絶ったルパンが、ケスルバッハというダイヤモンド王の殺害者として急浮上する。ルパンは生きていた! だが「血を見ることを極

怪盗ルパン 5



講談社

怪盗ルパン 4



講談社

怪盗ルパン 3



講談社

ルパン対ホームズ (講談社青い鳥文庫)


依光 隆 イラスト /保篠 龍緒 翻訳 /
講談社


保篠 龍緒の著書を検索する

保篠 龍緒の関連ニュース


保篠 龍緒のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、保篠 龍緒と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「保篠 龍緒」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.