星野 智幸

(ホシノ・トモユキ)
星野 智幸(ほしの ともゆき、1965年7月13日 - )は、日本の小説家。 ロサンゼルスで生まれる。横浜市立荏田小学校、世田谷区立八幡中学校、東京都立戸山高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。産経新聞社記者となる。1991年に産経新聞を退職、1991年から1992年、1994年から1995年の間メキシコシティーに私費留学。1996年から2000年頃まで太田直子に師事し字幕翻訳を手がける。 1997年「最後の吐息」で第34回文藝賞受賞。2000年、「目覚めよと人魚は歌う」で第13回三島由紀夫賞受賞。2002年「砂の惑星」で第127回芥川賞候補。2003年『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞を受賞。同年より2007年3月まで早稲田大学文学学術院客員助教授。 2007年「植物診断室」で第136回芥川賞候補。落選後の1月16日、公式サイトにて「『新人』という範疇からは身を引き、自分に『中堅』としての立場を課したい」と記し、芥川賞の対象から外れることを自ら宣言する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第13回 三島由紀夫賞 / 第25回 野間文芸新人賞 / 第66回 読売文学賞小説賞

星野 智幸の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

文学ムック たべるのがおそい vol.3


西崎 憲 編集 /柳原 孝敦 翻訳 /天野 健太郎 翻訳 /
書肆侃侃房 2017-04-15

呪文



河出書房新社 2015-09-11
それは、希望という名の恐怖――寂れゆく松保商店街に現れた若きリーダー図領。人々は彼の言葉に熱狂し、街は活気を帯びる。希望に満ちた未来に誰もが喜ばずにはいられなかったが……。

呪文



河出書房新社

俺俺



新潮社

俺俺 (新潮文庫)



新潮社 2013-03-28

夜は終わらない



講談社

俺俺



新潮社 2013-04-26
なりゆきでオレオレ詐欺をしてしまった俺は、気付いたら別の俺になっていた。上司も俺だし母親も俺、俺ではない俺、俺たち俺俺。俺でありすぎて、もう何が何だかわからない。増殖していく俺に耐えきれず右往左往する

ひと粒の宇宙 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)

夜は終わらない



講談社 2014-06-27
婚約者が自殺したとの一報が入った。千住警察署で悲しみにくれる玲緒奈には、次に殺さなくてはならない別の婚約者がいた。セックスや結婚を餌に次々男を惑わし、財産を巻き上げ、証拠を残さず葬り去ることが日常の彼

ファンタジスタ (集英社文庫)



集英社
   濃密な男女の関係を幻想的に描いた『目覚めよと人魚は歌う』で第13回三島由紀夫賞を受賞した星野智幸。端正な文章で、どこか異国を感じさせる作風を得意とする作家である。本書は、日系移民を撮り続けている

星野 智幸の著書を検索する

星野 智幸の関連ニュース


星野 智幸のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、星野 智幸と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「星野 智幸」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.