福永 武彦

(フクナガ・タケヒコ)
福永 武彦(ふくなが たけひこ、1918年(大正7年)3月19日 - 1979年(昭和54年)8月13日)は、日本の小説家、詩人、フランス文学者。 東京帝国大学の学生であった福永末次郎と日本聖公会の伝道師であったトヨの長男として、福岡県筑紫郡二日市町(現・筑紫野市二日市)に生まれる。東大卒業後に三井銀行に就職した父・末次郎の転勤によって、横浜市、佐世保市、福岡市で過ごし、1926年6月、東京に転居する。その前年の1925年3月に母・トヨは弟・文彦を生んだが、翌月産褥熱のため死去している。 開成中学、第一高等学校を経て、1941年、東京帝国大学文学部仏文科を卒業する。1945年、治療と疎開のため北海道帯広市に移り、3ヶ月ほど滞在したのち一時東京に戻るが、翌年再び帯広に渡り、帯広中学校の英語教師として赴任する。その年に処女作「塔」を発表する。しかし冬に肋膜炎を再発し、1947年秋に手術のため上京し、清瀬の東京療養所に1953年まで入院した。 その間に同級生(旧制高校)の中村真一郎、加藤周一らと文学同人「マチネ・ポエティク」を結成し、日本語での押韻定型詩の可能性を追求した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

福永 武彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

現代語訳 古事記 (河出文庫)


福永武彦 翻訳 /
河出書房新社 2015-07-31
日本人なら誰もが知っている古典中の古典『古事記』を、実際に読んだ読者は少ない。名訳としても名高く、もっとも分かりやすい現代語訳として親しまれてきた名著をさらに読みやすい形にした決定版。

現代語訳 古事記 (河出文庫)


福永 武彦 編集 /
河出書房

草の花 (新潮文庫)



新潮社

草の花(新潮文庫)



新潮社 2014-10-31
研ぎ澄まされた理知ゆえに、青春の途上でめぐりあった藤木忍との純粋な愛に破れ、藤木の妹千枝子との恋にも挫折した汐見茂思。彼は、そのはかなく崩れ易い青春の墓標を、二冊のノートに記したまま、純白の雪が地上を

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)


伊藤比呂美 翻訳 /福永 武彦 翻訳 /町田 康 翻訳 /
河出書房新社

忘却の河(新潮文庫)



新潮社 2014-10-31
初老の小企業社長・藤代と、その妻で十年間寝たきりのゆき、二人の娘・美佐子と香代子の、それぞれに苦悩多い人生――。忘却の河に流し得ぬような各様の過去が四人に暗影を投げかけており、痛切な愛の挫折、愛の不在

現代語訳 日本書紀 (河出文庫)


福永 武彦 翻訳 /
河出書房新社

現代語訳 日本書紀 (河出文庫)


福永武彦 翻訳 /
河出書房新社 2015-07-31
日本人なら誰もが知っている『古事記』と『日本書紀』。最も分かりやすい現代語訳として親しまれてきた福永武彦訳の名著。『古事記』と比較しながら読む楽しみ。

福永 武彦の著書を検索する

福永 武彦の関連ニュース


福永 武彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、福永 武彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「福永 武彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.