李 正子

(イ・チョンジャ)
李 正子(い ちょんじゃ、1947年 - )は、三重県伊賀市出身の在日コリアン二世の女性歌人である。未来短歌会所属。最終学歴は三重県立上野高等学校卒業。 特色 大韓民国特有の風習、文化等に関する言葉をありのままに使い、字余りを恐れず、一般的には漢字で書く言葉をアルファベットで書くなど、人目を引くことに長けた作風が特色である。 戦前に父が日本に渡り、日本で韓国人の母と知り合い結婚、伊賀市に定住し正子を生む。 中学生の時に万葉集に触れ、短歌に魅力を感じる。 高校卒業後、一般人として生き、結婚し2人の男児をもうけたのち離婚。 20歳のとき、香山正子名義で朝日新聞の短歌のページに近藤芳美を選者に指名し初投稿。これがトップで掲載される。 投稿を幾度か繰り返した後、「未来」入会。近藤に師事する。 1984年に本名で「鳳仙花(ポンソナ)のうた」を発刊し、歌人デビューを果たす。この「鳳仙花のうた」は500部売れれば良い方である歌集としては異例の2700部、再版は1万部の売上を記録。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

李 正子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

李 正子の著書を検索する

李 正子の関連ニュース


李 正子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、李 正子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「李 正子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.