井伏 鱒二

(イブセ・マスジ)
井伏 鱒二(いぶせ ますじ、1898年(明治31年)2月15日 - 1993年(平成5年)7月10日)は、日本の小説家。本名は井伏 滿壽二(いぶし ますじ)。広島県安那郡加茂村(現・福山市)生まれ。筆名は釣り好きだったことによる。 1898年(明治31年)、広島県安那郡加茂村粟根に父・井伏郁太、母・ミヤの次男として生まれた。井伏家は室町時代の1442年(嘉吉2年)まで遡れる旧家で、「中ノ士居」の屋号をもつ代々の地主である。5歳のときに父を亡くし、特に祖父にかわいがられて育つ。1905年(明治38年)に加茂小学校入学、1912年(明治45年)には旧制広島県立福山中学校(現広島県立福山誠之館高等学校)に進学した。同校の庭には池があり、二匹の山椒魚が飼われていて、これがのちに処女作として発表され、世に知られることとなる「山椒魚」に結びついた。作文は得意だったが成績はあまり振るわず、中学校3年生ころから画家を志し、卒業すると3ヶ月間奈良・京都を写生旅行。そのとき泊まった宿の主人が偶然橋本関雪の知り合いと聞き、スケッチを託して橋本関雪に入門を申し込んだが断られ、やむなく帰郷する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第6回 直木賞 / 第19回 野間文芸賞 / 第1回 読売文学賞小説賞

井伏 鱒二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

「ドリトル先生ものがたり」全13冊セット 美装ケース入り (岩波少年文庫)


井伏 鱒二 翻訳 /
岩波書店
   ドリトル先生は動物語が話せる。魚語も話せる。特別な能力には違いないが、かといって奇想天外かというとそうではない。先生はちゃんと動物たちから「学習」したのだから。最初は同居人(?)のオウムのポリネ

黒い雨 (新潮文庫)



新潮社

黒い雨



新潮社

黒い雨



新潮社

黒い雨(新潮文庫)



新潮社 2014-04-11
一瞬の閃光に街は焼けくずれ、放射能の雨のなかを人々はさまよい歩く。原爆の広島――罪なき市民が負わねばならなかった未曾有の惨事を直視し、“黒い雨”にうたれただけで原爆病に蝕まれてゆく姪との忍苦と不安の日

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))


井伏 鱒二 翻訳 /
岩波書店

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫)



岩波書店 2016-01-21
「沼のほとりのパドルビー」に住む名医ドリトル先生は,オウムのポリネシアから動物語を習い,世界中の動物たちから敬愛されています.ある日アフリカのサルの国から,ひどい疫病が流行しているから救ってほしいとい

山椒魚 (新潮文庫)



新潮社

山椒魚(新潮文庫)



新潮社 2014-04-11
老成と若さの不思議な混淆、これを貫くのは豊かな詩精神。飄々として明るく踉々として暗い。本書は初期の短編より代表作を収める短編集である。岩屋の中に棲んでいるうちに体が大きくなり、外へ出られなくなった山椒

山椒魚 [新潮CD]



新潮社


井伏 鱒二の著書を検索する

井伏 鱒二の関連ニュース


井伏 鱒二のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、井伏 鱒二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「井伏 鱒二」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.