市川 拓司

(イチカワ・タクジ)
市川 拓司(いちかわ たくじ、1962年10月7日 - )は、日本の小説家。 東京都出身で小学校まで府中市で過ごし、中学生のときに埼玉県へ移住、以降県内で暮らす。埼玉県立与野高等学校、獨協大学経済学部経済学科卒業。出版社に就職するが3ヶ月で退職(本人いわく、ぶち壊し)、バイクで日本一周の旅に出る。2年間フリーターをした後、少人数で働く税理士事務所に14年に渡って勤める。その頃から妻のためにと小説を書き始め、1997年からはインターネット上で多数の作品を発表していた。ミステリー作家としてのデビューを目指していたこともあり、サントリーミステリー大賞、鮎川哲也賞、創元推理短編賞に応募した経験がある。 ネット小説が注目され、2002年に『Separation』でデビュー、同作品は『14ヶ月~妻が子供に還っていく~』としてテレビドラマ化される。2003年発売の『いま、会いにゆきます』は、ベストセラー小説「世界の中心で、愛をさけぶ」に折り込みチラシとして挿入され、これをきっかけに大ヒットとなる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

市川 拓司の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

市川 拓司の著書を検索する

市川 拓司の関連ニュース


市川 拓司のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、市川 拓司と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「市川 拓司」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.