井原 西鶴

(イハラ・サイカク)
井原 西鶴(いはら さいかく、1642年(寛永19年) - 1693年9月9日(元禄6年8月10日))は、江戸時代の大坂の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳諧師。別号は鶴永、二万翁、西鵬。 『好色一代男』をはじめとする浮世草子の作者として知られる。談林派を代表する俳諧師でもあった。 小伝 1642年大坂・難波に生れ、15歳頃から俳諧師を志し談林派を代表する俳諧師として名をなした。一昼夜の間に発句をつくる数を競う矢数俳諧の創始を誇り、またそれを得意とした(最高記録は23,500句)。その奇矯な句風から阿蘭陀流(オランダりゅう)と腐される。1682年(天和2年)に『好色一代男』を出版し好評を得、その後様々なジャンルの作品を出版。従来の仮名草子とは一線を画する物として、現在では以後の作品を浮世草子と区別している。1693年没。 代表作は『一代男』の他に『好色五人女』、『日本永代蔵』、『世間胸算用』など。また代表的な発句に、 長持に春かくれゆく衣がへ 鯛は花は見ぬ里もあり今日の月 大晦日定なき世の定かな 浮世の月見過しにけり末二年がある 生涯 1642年(寛永19年)、大坂・難波に生れる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

井原 西鶴の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

男色大鑑-歌舞伎若衆編-【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】<男色大鑑> (B's-LOVEY COMICS)


井原 西鶴 その他 /
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-06-15
井原西鶴が男色をテーマに描いた傑作短編小説集が今、BL漫画として現代に蘇る。江戸初期、大衆を熱狂させた歌舞伎若衆。身過ぎ世過ぎで、夜ごとに身体を金で買われながらも、真実の愛は決して裏切らない――。凛と

男色大鑑-歌舞伎若衆編- (B's-LOVEY COMICS)


(原作)井原 西鶴 その他 /
KADOKAWA/エンターブレイン 2016-06-15

新版 日本永代蔵 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)


堀切 実 その他 /
KADOKAWA / 角川学芸出版 2014-01-09
本格的貨幣経済の時代を迎えた江戸前期の人々の、金と物欲にまつわる悲喜劇を描く傑作。読みやすい現代語訳、原文と詳細な脚注、版本に収められた挿絵とその解説、各編ごとの解説、総解説で構成する決定版!

男色大鑑-武士編-<男色大鑑> (B's-LOVEY COMICS)


井原 西鶴 その他 /
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-05-14
井原西鶴が男色をテーマに描いた傑作短編小説集が今、BL漫画として現代に蘇る。本武士編では、面目や意気地のためには、命を捨てて顧みない武士たちの悲壮な恋を描く。 一人の美しい若衆をめぐって、朋輩の武士た

男色大鑑-武士編- (B's-LOVEY COMICS)


(原作)井原 西鶴 その他 /
KADOKAWA/エンターブレイン 2016-05-14

男色大鑑-無惨編-<男色大鑑> (B's-LOVEY COMICS)


井原 西鶴 その他 /
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-09-15
井原西鶴が男色をテーマに描いた傑作短編小説集が今、BL漫画として現代に蘇る。 大きな話題を呼んだ「武士編」「歌舞伎若衆編」に続き、第3弾の「無惨編」がついに登場。 この愛を貫くことができるなら、命など

男色大鑑-無惨編- (B's-LOVEY COMICS)


井原 西鶴 原著 /
KADOKAWA 2016-09-15

好色一代男 (まんがで読破)



イースト・プレス

好色一代男 (岩波文庫 黄 204-1)


横山 重 その他 /
岩波書店


井原 西鶴の著書を検索する

井原 西鶴の関連ニュース


井原 西鶴のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、井原 西鶴と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「井原 西鶴」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.