飯田 龍太

(イイダ・リュウタ)
飯田 龍太(いいだ りゅうた、1920年(大正9年)7月10日 - 2007年(平成19年)2月25日)は、山梨県出身の俳人。飯田蛇笏の四男で、蛇笏を継ぎ俳誌「雲母」を主宰。戦後の俳壇において森澄雄とともに伝統俳句の中心的存在として活躍した。 山梨県東八代郡五成村小黒坂(旧境川村、現笛吹市境川町小黒坂)に生まれる。父・武治(蛇笏)、母・菊乃の四男。父の蛇笏は早稲田大学英文科を中退し、境川の自宅(「山盧(さんろ)」)において農事のかたわら句作を行い、1930年(昭和5年)には排誌『雲母』の発行所を山盧に置いた。龍太の産まれた1920年(大正9年)には境川でも電灯が灯り、1923年(大正12年)9月1日の関東大震災では飯田家でも若干の被害が出ている。 龍太は幼少期には病弱で、祖母により育てられる。1927年(昭和2年)には境川尋常小学校(現在の笛吹市立境川小学校)へ入学し、1933年(昭和8年)に甲府市の旧制甲府中学校(現山梨県立甲府第一高等学校)に入学し、バス通学する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

飯田 龍太の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

カラー版 新日本大歳時記 愛蔵版


飯田 龍太 監修 /飯田 龍太 監修 /稲畑 汀子 監修 /稲畑 汀子 監修 /金子 兜太 監修 /金子 兜太 監修 /沢木 欣一 監修 /沢木 欣一 監修 /
講談社

カラー版 新・日本大歳時記 春


沢木 欣一 監修 /
講談社

俳句入門三十三講



講談社エディトリアル

カラー版 新日本大歳時記 夏


沢木 欣一 監修 /
講談社

カラー版 新日本大歳時記 新年


沢木 欣一 監修 /講談社 編集 /
講談社

カラー版 新日本大歳時記 冬


沢木 欣一 監修 /
講談社

名句鑑賞辞典


森 澄雄 監修 /
角川書店

飯田龍太自選自解句集



講談社エディトリアル

春 (鑑賞歳時記)



角川書店


飯田 龍太の著書を検索する

飯田 龍太の関連ニュース


飯田 龍太のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、飯田 龍太と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「飯田 龍太」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.