飯田 隆

(イイダ・タカシ)
飯田 隆(いいだ たかし、1948年10月20日 - )は、日本の哲学者、日本大学文理学部教授。慶應義塾大学名誉教授。日本哲学会会長。言語哲学・分析哲学が専門。 北海道札幌市出身。 1948年 北海道札幌市生まれ 1972年 東京大学教養学部教養学科(科学史・科学哲学専攻)卒 1974年 同大学大学院人文科学研究科(哲学専攻)修士課程修了 1974年 4月 同大学院博士課程進学 1974年 9月 ミシガン大学大学院(哲学専攻)入学 1978年 1月 同大学博士候補資格(Ph.D. Candidacy)取得 1978年 3月 東京大学大学院人文科学研究科(哲学専攻)博士課程退学 1978年 4月 熊本大学法文学部助手 1979年 1月 同(1979年4月より文学部)講師 1982年 同助教授 1988年 千葉大学文学部助教授 1991年 同教授 1998年 慶應義塾大学文学部教授 2010年 日本大学文理学部教授 2011年 日本哲学会会長  著書 『言語哲学大全I 論理と言語』(勁草書房、1987) 『言語哲学大全II 意味と様相(上)』(勁草書房、1989) 『言語哲学大全III 意味と様相(下)』(勁草書房、1995) 『ウィトゲンシュタイン―言語の限界』(講談社、1997)(現代思想の冒険者たち) 『言語哲学大全IV 真理と意味』(勁草書房、2002) 『クリプキ―ことばは意味をもてるか』(日本放送出版協会、2004)(シリーズ・哲学のエッセンス) 編著 『ウィトゲンシュタイン以後』土屋俊共編(東京大学出版会、1991) 『リーディングス 数学の哲学―ゲーデル以後』(勁草書房、1995) 『ウィトゲンシュタイン読本』(法政大学出版局、1995) 『フレーゲ著作集5 数学論集』野本和幸共編(勁草書房、2001) 『知の教科書 論理の哲学』(講談社、2005) 『哲学の歴史〈第11巻〉論理・数学・言語 20世紀II』(中央公論新社、2007) 『岩波講座 哲学』(編集委員)(岩波書店、2008〜) 訳書 ヒラリー・パトナム『実在論と理性』金田千秋・佐藤労・関口浩喜・山下弘一郎共訳(勁草書房、1992) ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン『論理的観点から』(勁草書房、1992) ジョナサン・グラバー『未来世界の倫理―遺伝子工学とブレイン・コントロール』加藤尚武(共監訳)(産業図書、1995) 外部リンク 飯田隆のホームページ - 日本大学サーバー上の個人サイト 日本大学文理学部哲学科。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

飯田 隆の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

楽典―理論と実習



音楽之友社
著者名:石桁真礼生・末吉保雄・丸田昭三・飯田隆・金光威和雄・飯沼信義 収録内容: 序章 音、純正律と十二平均律 第1章 譜表と音名

イラストで見る化学実験の基礎知識 第3版


飯田 隆 編集 /菅原 正雄 編集 /鈴鹿 敢 編集 /辻 智也 編集 /宮入 伸一 編集 /
丸善

透析療法パーフェクトガイド 第4版


飯田 喜俊 編集 /秋葉 隆 編集 /
医歯薬出版 2014-06-01

論理的観点から―論理と哲学をめぐる九章 (双書プロブレーマタ)


Willard Van Orman Quine 原著 /飯田 隆 翻訳 /
勁草書房


飯田 隆の著書を検索する

飯田 隆の関連ニュース


飯田 隆のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、飯田 隆と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「飯田 隆」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.