伊集院 静

(イジュウイン・シズカ)
伊集院 静(いじゅういん しずか、1950年2月9日 - )は、日本の作家、作詞家。 伊集院 静は作家としてのペンネームである。作詞家としての筆名は伊達 歩(だて あゆみ)。 本名(戸籍名・日本名)は、西山 忠来(にしやま ただき)。日本に帰化前の氏名(旧名・出生名・韓国名)は、チョ・チュンレ(朝鮮語: 조 충래、漢字表記: 趙 忠來)。男性。 生い立ち 1950年生まれ、山口県防府市出身の在日韓国人2世である。出生当時の氏名は「趙 忠來」(チョ・チュンレ、ハングル表記では조충래)であったが、のち日本に帰化した際、西山 忠来(にしやま ただき)に変えた。 山口県立防府高等学校を経て、立教大学文学部日本文学科を卒業した。当初、立教大学ではなく美術大学に進学するつもりでいたが、当時義兄の高橋明が読売ジャイアンツの野球選手だった影響で高校の夏休みを利用して東京に行った折、長嶋茂雄本人から「野球をするのなら立教に行きなさい」と言われた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第107回 直木賞 / 第7回 柴田錬三郎賞 / 第36回 吉川英治文学賞 / 第12回 吉川英治文学新人賞

伊集院 静の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

週刊文春 5月25日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-05-18
■■■阿川佐和子 独占手記「今更ですが、私、結婚しました」■■■幼い頃からお嫁さんになって子供を育てることが夢でした。それが叶わぬことと悟り始めたのが40歳の頃で、

週刊文春 5月18日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-05-10
■■■菊川怜と再婚IT長者・穐田誉輝には婚外子が3人■■■「とくダネ!」で小倉智昭が絶賛したクックバッド元社長は前妻と離婚後、2人の内縁女性との間に同時期に子供を……

さよならの力 大人の流儀7



講談社 2017-03-03
私は二十代と三十代に別離を経験した。一人は弟であり、もう一人は前妻であった。なぜ彼、彼女がこんな目にと思った。その動揺は、なぜ自分だけが?という感情になった。ところがそういうものと向き合っていると、や

週刊文春 5月4・11日号[雑誌]


週刊文春編集部 編集 /
文藝春秋 2017-04-26
■■■安倍晋三首相が頼る「運勢」のお告げ「トランプは相性ぴったり」「森友は3月まで。運勢の底は4月4日」■■■安倍首相に頻繁に「運勢メール」を送る人物がいる。中原伸之元東燃社長

人生なんてわからぬことだらけで死んでしまう、それでいい。 (文春文庫)



文藝春秋 2017-04-14
週刊文春好評連載「悩むが花」第二弾!読者の悩みに、生きるヒント満載な言葉で答える人生相談第二弾。読者からの名問、珍問にときに親身に、ときに厳しく答える伊

女と男の品格。



文藝春秋

女と男の品格。 (文春e-book)



文藝春秋 2017-05-26
大好評連載の傑作選週刊文春の大人気連載「悩むが花」に掲載された数百の人生相談から、厳選した名言苦言を一挙収録。人生に効く100の処方箋。読めば大人の流儀

伊集院 静の著書を検索する

伊集院 静の関連ニュース


伊集院 静のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、伊集院 静と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「伊集院 静」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.