池田 清彦

(イケダ・キヨヒコ)
池田 清彦(いけだ きよひこ、1947年7月14日 - )は日本の生物学者、評論家。早稲田大学教授、山梨大学名誉教授。東京都立大学理学博士。 構造主義を生物学に当てはめた構造主義生物学の支持者のひとりとして知られている。また、科学全体に構造主義を当てはめた「構造主義科学論」も唱えており、その視点を用いつつ科学論、社会評論等も多数行っている。 昆虫採集マニアでもあり、昆虫についての著作も多い。西條剛央、京極真とともに、構造構成主義研究シリーズの編集委員を務める。また養老孟司や奥本大三郎とは昆虫採集を共通の趣味として親交があり、共著が数冊ある。 フジテレビ系列の情報バラエティ番組『ホンマでっか!?TV」でコメンテーター)を務める。 1947年 : 東京足立区に生まれる。 1960年 : 足立区立梅島第一小学校卒業。 1966年 : 東京都立上野高等学校卒業、東京教育大学入学。 1971年 : 東京教育大学理学部生物学科動物学専攻卒業。 1976年 - 1979年 : 東京都立高等学校教諭。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

池田 清彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

真面目に生きると損をする (角川新書)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2016-06-10
正義と善意はウソばかり。どうせ死ぬから、言わせてもらおう。長生きは良いことか。地球温暖化は本当か。働き者はナマケモノよりも偉いのか――病気と医療、教育や環境、格差社

真面目に生きると損をする (角川新書)



KADOKAWA/角川学芸出版 2016-06-10

進化論の最前線(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)



集英社 2017-03-31
『種の起源』を著し、人類に「進化」という概念を示したチャールズ・ダーウィンと、その進化論に対し真っ先に異を唱えたアンリ・ファーブル。現代進化論の主流派であるネオダーウィニストたちは、一九世紀の人物であ

進化論の最前線 (インターナショナル新書)



集英社インターナショナル 2017-01-12

なぜ生物に寿命はあるのか? PHP文庫



PHP研究所 2015-10-30
生物は不死から死すべきものへ「進化」していった!? テレビで人気の生物学者が寿命の不思議を解き明かす! 生物に寿命があるのは当然のように思われるが、実はバクテリアなどの単細胞生物は環境が整っていれば、

やがて消えゆく我が身なら (角川ソフィア文庫)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2013-04-11
「ぐずぐず生きる」「80歳を過ぎたら手術は受けない」「がん検診は受けない」…。飾らない人生観と独自のマイノリティー視点で、現代社会の矛盾を鋭く突く! 生きにくい世の中を快活に過ごす、本音炸裂エッセイ!

池田 清彦の著書を検索する

池田 清彦の関連ニュース


池田 清彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、池田 清彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「池田 清彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.