池田 満寿夫

(イケダ・マスオ)
池田 満寿夫(いけだ ますお、1934年2月23日 - 1997年3月8日)は、画家・版画家・挿絵画家・彫刻家・陶芸家・作家・映画監督などの従来の芸術の枠にとどまらず多彩に活躍した芸術家。エロスの作家といわれるように、官能的な作風が多い。しかし、多岐にわたる活動、多才がゆえに“池田芸術”は高い知名度のわりに現在でもなかなか正当に評価されていない。独創性を重視し、一つの表現手段にこだわらず、変身を繰り返したからである。 生涯 旧満州に生まれ、戦後長野県長野市で育つ。長野北高等学校(現長野高等学校)卒業。高校在学中に絵画が入選、画家を志し上京するが、東京芸術大学の受験に3度失敗し大学進学を断念。このうち、1回は油絵科志望、2回は彫刻科だった。酒場で似顔絵を描いて生活費を稼ぐ生活を送りながら19歳で自由美術家協会展に入選。その後、画家、瑛九の勧めで色彩銅版画の作製に取り組む。この時期、平井蒼太主宰の真珠社から豆本のシリーズを刊行。1957年に東京国際版画ビエンナーレ展に入選。1960年には同展で文部大臣賞を得て脚光を浴びた。 1961年には、上野・不忍画廊で初の個展を開く。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第77回 芥川賞

池田 満寿夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

エロスの記憶 文藝春秋「オール讀物」官能的コレクション2014



文藝春秋 2014-05-22
小説誌の雄『オール讀物』編集部がお贈りする、文藝とエロスの豪華絢爛コラボレーション!近年オール讀物が掲載した、性とエロスの香り漂う創作や特集記事を再編集し、一冊にまとめたのがこの『エロスの

ヌード


B.マーティン ペダセン 編集 /木下 哲夫 翻訳 /
美術出版社

エロチックな旅



求龍堂

鳥たちのように私は語った―池田満寿夫対談集 (1977年)



角川書店
池田満寿夫氏が語ってくれたように、「コレクションされるという事が、作品に対する最高の批評」なのである。

池田 満寿夫の著書を検索する

池田 満寿夫の関連ニュース


池田 満寿夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、池田 満寿夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「池田 満寿夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.