池内 紀

(イケウチ・オサム)
池内 紀(いけうち おさむ、1940年11月25日 - )は、日本のドイツ文学者、エッセイスト。 来歴・人物 兵庫県姫路市出身。姫路市立城北小学校卒業。兵庫県立姫路西高等学校卒業、東京外国語大学外国語学部卒業、1965年東大大学院人文科学研究科修士課程修了。神戸大学助教授、東京都立大学教授、1985年東京大学文学部教授、定年前の1996年に退官した。 以後は文筆業、翻訳家として幅広く活躍しており、特にフランツ・カフカ作品の翻訳で名を成している。NHKFM放送「日曜喫茶室」の準レギュラー。将棋の観戦記を執筆したこともあり、将棋ペンクラブ大賞の選考委員もつとめた。 子息にアラブ研究者の池内恵、弟に宇宙物理学者・天文学者の池内了がいる。 著作 『池内紀の仕事場』全8巻 みすず書房、2004-2005(著作選集) 世紀末の肖像 〈ユダヤ人〉という存在 カフカを読む 自由人の暮らし方 文学の見本帖 架空の旅行記 名人たちの世界 世間をわたる姿勢 詩集・小説 『傀儡師の歌 詩集』思潮社、1973 『天のある人 二十三の物語』河出書房新社 1989 『開化小説集』岩波書店 1991 『閣下、ご臨終です』講談社 1991 『錬金術師通り 五つの都市をめぐる短篇集』文藝春秋 1993 『街が消えた!』新潮社 1992 『ペトリの祭檀』東逸子絵 新書館 1997 『川の司祭 十二の塔の物語』マガジンハウス 1999 『シロターノフの帰郷 短篇集』イッセー尾形挿画 青土社 2011 随筆・評論 『天狗洞食客記』コーベブックス 1976 『諷刺の文学』白水社 1978/新装版 1995-第10回亀井勝一郎賞受賞 『シレジアの白鳥』村松書館 1978 『喜劇人間百科 あるいはブヴァールとペキュシェ物語』村松書館 1980 『書斎のコロンブス』冬樹社 1982/改訂改題 「本を焚く」同ライブラリー 1990 『温泉 湯の神の里をめぐる』白水社 1982 『世紀末の窓』美術公論社 1983 『ことばの演芸館 笑いの文章読本』白水社 1983 『恋愛読本』弥生書房 1984 『風景読本』弥生書房 1985 『M博士 往来の思想』青土社 1985 『私の人物博物館』筑摩書房 1987 『地球の上に朝がくる―懐かしの演芸館』河出書房新社 1987/ちくま文庫 1992 『温泉旅日記』河出書房新社 1988/徳間文庫 1996  『道化のような歴史家の肖像』みすず書房 1988 (エゴン・フリーデル) 『伝綺肖像館』日本文芸社 1989 『文学の森を歩く』筑摩書房 1989 『旅の音楽』音楽之友社 1989 『西洋温泉事情』鹿島出版会 1989 『新編綴方教室』平凡社 1989/平凡社ライブラリー 1993 『恋文物語』新潮社 1990/ちくま文庫 1994  『ガラメキ温泉探険記』メディアファクトリー 1990 『悪魔の話』講談社現代新書 1991/講談社学術文庫 2013 『読書見本帖』丸善ライブラリー 1991 『旅に出たい』平凡社 1992 『少年探検隊』平凡社 1992 『一〇一冊の図書館』丸善ライブラリー 1993 『ことばの引き出し』大修館書店 1993 『海山のあいだ』マガジンハウス 1994/角川文庫 1997/中公文庫 2011-講談社エッセイ賞受賞 『20世紀博物館』平凡社 1994 『私はこうして読書をたのしんだ』中央公論社 1994 『幻獣の話』講談社現代新書 1994 『ハプスブルクの旗のもとに』NTT出版 1995 『雲は旅人のように 湯の花紀行』日本交通公社出版事業局 1995 『架空旅行記』鹿島出版会 1995 『ああ天地の神ぞ知る ニッポン発見旅』講談社 1995 『とっておき美術館』講談社 1996/ 改題「ちょっと寄り道美術館」 光文社知恵の森文庫 2003 『見知らぬオトカム 辻まことの肖像』みすず書房 1997 『文学探偵帳』平凡社 1997 『播磨ものがたり』神戸新聞総合出版センター 1997 『遊園地の木馬』みすず書房 1998 『山の朝霧里の湯煙』山と溪谷社 1998 『いまは山中いまは浜』岩波書店 1998 『姿の消し方-幻想人物コレクション』集英社 1998/ 改題「モーツァルトの息子 史実に埋もれた愛すべき人たち」 光文社知恵の森文庫 2008 『はなしの名人 東京落語地誌』角川選書 1999 『湯めぐり歌めぐり』集英社新書 2000 『日本の森を歩く』山と溪谷社 2001 『なじみの店』みすず書房 2001 『ちょん髷とネクタイ 時代小説を楽しむ』新潮社 2001 『マドンナの引っ越し』晶文社 2002 『池内紀生きる知恵』日本放送出版協会 2002 『ドイツ町から町へ』中公新書 2002 『川の旅』青土社 2002 『無口な友人』みすず書房 2003 『二列目の人生隠れた異才たち』晶文社 2003/集英社文庫 2008  『生きかた名人 たのしい読書術』集英社、2004/改題「作家の生きかた」集英社文庫 2007 『ニッポン発見記』講談社現代新書 2004/中公文庫 2012 『ひとり旅は楽し』中公新書 2004 『町角ものがたり』白水社 2004 『森の紳士録 ぼくの出会った生き物たち』岩波新書 2005 『山の仲間たち』幻戯書房 2005 『なぜかいい町一泊旅行』光文社新書 2006 『あだ名の人生』みすず書房 2006 『異国を楽しむ』中公新書 2007 『川を旅する』ちくまプリマー新書 2007 『池内式文学館』白水社 2007 『出ふるさと記』新潮社 2008/中公文庫 2011 『ひとつとなりの山』光文社新書 2008 『富の王国-ロスチャイルド』東洋経済新報社 2008  『世の中にひとこと』NTT出版 2009 『日本風景論』角川選書 2009   『東京ひとり散歩』中公新書 2010 『祭りの季節』みすず書房 2010-写真 池内郁 『文学フシギ帖 日本の文学百年を読む』岩波新書 2010 『ことばの哲学 関口存男のこと』青土社 2010 『作家のへその緒』新潮社 2011 『今夜もひとり居酒屋』中公新書 2011 『恩地孝四郎 一つの伝記』幻戯書房 2012 - 読売文学賞評論・伝記賞受賞 『消えた国 追われた人々 東プロシアの旅』みすず書房 2013 『カント先生の散歩』潮出版社 2013 『きまぐれ歴史散歩』中公新書 2013 『ニッポン周遊記 町の見つけ方・歩き方・つくり方』青土社 2014 『目玉の体操』幻戯書房 2014 『戦争よりも本がいい』講談社 2014 『本は友だち』みすず書房 2015 『ニッポン旅みやげ』青土社 2015  ドイツ文学・文化論関連 『ウィーン 都市の詩学』美術出版社 1973/ちくま文庫 1989 『世紀末と楽園幻想』白水社 1981/白水Uブックス 1992 『ウィーンの世紀末』白水社、1981/白水Uブックス 1992 『ウィーン・都市の万華鏡』音楽之友社 1983 『闇にひとつ炬火あり-ことばの狩人 カール・クラウス』筑摩書房〈水星文庫〉 1985/講談社学術文庫 2015 『ザルツブルク 祝祭都市の光と影』音楽之友社 1988/ちくま文庫 1996 『ウィーンの森の物語 ウィーン耳の旅』主婦の友社 1989 『モーツァルトとは何か』文藝春秋 1991/『モーツァルト考』 講談社学術文庫 1996 『カフカのかなたへ』青土社 1993/講談社学術文庫 1998  『ぼくのドイツ文学講義』岩波新書 1996 『ちいさなカフカ』みすず書房 2000 『ゲーテさんこんばんは』集英社 2001/集英社文庫、2005-桑原武夫学芸賞受賞 『カフカの書き方』新潮社 2004 『カフカの生涯』新書館 2004/白水Uブックス 2010 『となりのカフカ』光文社新書 2004 『自由人は楽しい モーツァルトからケストナーまで』日本放送出版協会(NHKライブラリー) 2005 『ある女流詩人伝』青土社 2012  共著編 『翻訳の日本語』川村二郎共著、日本語の世界15:中央公論社、1981/中公文庫 2000 『世紀末ウィーンを歩く』南川三治郎 新潮社・とんぼの本 1987 『ハプスブルク物語』南川三治郎 新潮社・とんぼの本 1993 『うその学校』松山巌 筑摩書房 1994 『地球の上に朝がくる―川田晴久読本』 中央公論新社 2003 『カフカ事典』若林恵共編(三省堂 2003) 『森鴎外 椋鳥通信』岩波文庫(上中下、編注)、2014.10-2015.10 翻訳 『カール・クラウス詩集』思潮社 1967 『人類最期の日々 カール・クラウス著作集』法政大学出版局 1971 エリアス・カネッティ『眩暈』法政大学出版局 1972 改装版2014 『ガレッティ先生失言録』創土社 1980/改題「象は世界最大の昆虫である」白水社 1992/白水Uブックス 2005 フランツ・ブライ『同時代人の肖像』法政大学出版局 1981 ジャン・アメリー『さまざまな場所 死の影の都市をめぐる』法政大学出版局 1983 『ホフマン短篇集』岩波文庫 1984 ジャン・アメリー『罪と罰の彼岸』法政大学出版局 1984 アーデルベルト・フォン・シャミッソー『影をなくした男』岩波文庫 1985 ヤーコプ・グリム/ヴィルヘルム・グリム『グリム童話集』全3巻 新書館 1985/ちくま文庫 上下、1989 アンドレ・オデール『かめのスープはおいしいぞ』ほるぷ出版 1985 『カフカ短篇集』岩波文庫 1987 フランツ・カフカ『禿鷹』バベルの図書館 国書刊行会 1988、新版 パトリック・ジュースキント『香水-ある人殺しの物語』文藝春秋 1988/文春文庫 2003 『ウィーン世紀末文学選』岩波文庫 1989 ヨーゼフ・ロート『聖なる酔っぱらいの伝説』白水社 1989/岩波文庫 2013 カフカ『万里の長城』「澁澤龍彦文学館 10」筑摩書房 1990 アネリース・シュヴァルツ『ふしぎないきもの』ほるぷ出版 1990 アルトゥール・シュニッツラー『夢小説・闇への逃走』岩波文庫 1990 ヨーゼフ・ロート『蜘蛛の巣』白水社 1991 パトリック・ジュースキント『ゾマーさんのこと』文藝春秋 1992 ミヒャエル・エンデ『レンヒェンのひみつ』岩波書店 1992 エーリヒ・ケストナー『ケストナーの「ほらふき男爵」』泉千穂子共訳、筑摩書房 1993/ちくま文庫 2000 ブルース・チャトウィン『ウッツ男爵-ある蒐集家の物語』文藝春秋 1993/白水Uブックス 2014 ハインリヒ・シュリーマン『古代への情熱』小学館 1995 G.C.リヒテンベルク『リヒテンベルク先生の控え帖』平凡社ライブラリー 1996 ヴィクトール・マルカ編『ユダヤの言葉』紀伊国屋書店 1996 クルト・パーレン『音楽家の恋文』西村書店 1996 リスベート・ツヴェルガー『ちいさなヘーヴェルマン』太平社 1997 『カフカ寓話集』岩波文庫 1998 ネイハム・N・グレイツァー『カフカの恋人たち』朝日新聞社 1998 ヴィルヘルム・ハウフ『鼻のこびと』太平社 1999 ゲーテ『ファウスト』(全2巻)集英社 1999-2000/集英社文庫、2004-毎日出版文化賞受賞 ベーツァ・カネッティ『黄色い街』法政大学出版局 1999 『フランツ・カフカ小説全集』全6巻 白水社、2000-2002/白水Uブックス 全8巻 2006 ※単行判で2002年度日本翻訳文化賞受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

池内 紀の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

カフカ短篇集 (岩波文庫)


池内 紀 翻訳 /
岩波書店

カフカ短篇集 (岩波文庫)



岩波書店 2017-05-18
実存主義,ユダヤ教,精神分析,――.カフカは様々な視点から論じられてきた.だが,意味を求めて解釈を急ぐ前に作品そのものに目を戻してみよう.難解とされるカフカの文学は何よりもまず,たぐい稀な想像力が生ん

香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)


Patrick S¨uskind 原著 /池内 紀 翻訳 /
文藝春秋
   舞台は18世紀のフランス。町は汚穢(おわい)にまみれ、至るところに悪臭が立ちこめていた。そこに、まったく体臭のない男がいた。男にないのは体臭だけでない。恐ろしく鋭い嗅覚と、においへの異様なまでの

香水―ある人殺しの物語


池内 紀 翻訳 /
文藝春秋
   舞台は18世紀のフランス。町は汚穢(おわい)にまみれ、至るところに悪臭が立ちこめていた。そこに、まったく体臭のない男がいた。男にないのは体臭だけでない。恐ろしく鋭い嗅覚と、においへの異様なまでの

カフカ寓話集 (岩波文庫)



岩波書店 2015-01-01
迷路のような巣穴を掘りつづけ,なお不安に苛まれる大モグラ.学会へやってきて,自分の来し方を報告する猿….死の直前の作「歌姫ヨゼフィーネ」まで,カフカ(1883-1924)は憑かれたように奇妙な動物たち

日本文学100年の名作第10巻 2004-2013 バタフライ和文タイプ事務所 (新潮文庫)


池内 紀 編集 /松田 哲夫 編集 /川本 三郎 編集 /
新潮社 2015-05-28

カフカ寓話集 (岩波文庫)


池内 紀 翻訳 /
岩波書店

北越雪譜 (地球人ライブラリー)


池内 紀 翻訳 /
小学館

チェスの話――ツヴァイク短篇選 (大人の本棚)


池内 紀[解説] その他 /辻 翻訳 /関 楠生 翻訳 /内垣 啓一 翻訳 /大久保 和郎 翻訳 /
みすず書房


池内 紀の著書を検索する

池内 紀の関連ニュース


池内 紀のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、池内 紀と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「池内 紀」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.