生島 治郎

(イクシマ・ジロウ)
生島 治郎(いくしま じろう、1933年1月25日 - 2003年3月2日)は、日本の小説家。本名、小泉 太郎(こいずみ たろう)。筆名は結城昌治が考えた。 経歴・人物 上海生まれ。敗戦後、1945年に長崎に引き揚げ、母の郷里金沢に移る。その後、父が横浜で職を持ったため横浜に転居した。 中学3年から神奈川県立横浜翠嵐高等学校にかけての同期に青木雨彦と宮原昭夫がいた(ただし宮原は高校在学中に胸を患って数年間休学している)。高校時代から小説を書き始め、早稲田大学第一文学部英文学科在学中は青木雨彦や高井有一や富島健夫と同じ同人誌に所属。傍ら、港湾関係のアルバイトで肉体労働を経験する。早稲田大学英文学科の同級に小林信彦がいた。1955年卒業。卒論のテーマはジョナサン・スウィフト。 空前の就職難に苦しんだが、大学の友人の紹介で美術評論家植村鷹千代の主宰するデザイン事務所に就職。ここで知り合った画家勝呂忠の紹介により、約1年後に早川書房入社。当時の上司(編集部長)に田村隆一がいた。早川書房時代については『浪漫疾風録』に詳しい。 初代編集長田中潤司のもとで、江戸川乱歩監修による日本語版『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』の編集に従事。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第57回 直木賞

生島 治郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

追いつめる (光文社文庫)



光文社 1988-08-20
志田刑事は暴力団浜内組幹部を追跡中、同僚刑事を誤射して引責退官している。妻側からもらった離婚慰謝料を資本(もとで)に、志田前刑事の浜内組追及は続けられた。暴力団の〃経営革命〃すら行なって尻尾を出さぬ浜

追いつめる (徳間文庫)



徳間書店
生島治郎先生/著の作品です。 ●逆行のとき ●出発のとき ●終結のとき ●全3作品 全411頁の作品です。

追いつめる (中公文庫 A 23)



中央公論新社


生島 治郎の著書を検索する

生島 治郎の関連ニュース


生島 治郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、生島 治郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「生島 治郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.