稲見 一良

(イナミ・イツラ)
稲見 一良(いなみ いつら、1931年1月1日 - 1994年2月24日 )は、日本の小説家、放送作家。大阪府大阪市出身。 記録映画のマネージメントを務める傍ら、1968年文芸誌の新人賞に入選、しかし多忙のため作家活動に専念しなかった。1985年肝臓癌の手術を受けるが全摘ができないと分かると、生きた証として小説家活動に打ち込むと周囲に宣言し、1989年『ダブルオー・バック』にて本格的に小説家デビュー。1991年『ダック・コール』にて数々の賞を受賞し期待されるも、1994年わずか9冊を残して癌のため没した。 作品は自身の趣味であった猟銃の知識を生かしたハードボイルドな推理小説で、少年の視点・目線やニヒリズムを取り入れたものであった。 年譜 1968年 「凍土のなかから」で第3回双葉推理賞(『推理ストーリー』開催)佳作第1席を受賞。 1985年 肝臓癌の手術を受ける。 1989年 『ダブルオー・バック』にて小説家デビュー。 1991年 『ダック・コール』にて第4回山本周五郎賞、第10回日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第4回 山本周五郎賞

稲見 一良の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

猟犬探偵 1 セント・メリーのリボン (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)



集英社 2016-11-16
竜門卓は失踪した猟犬探しを生業とするアウトロー探偵。5年程前に、祖父の死によって膨大な山地を相続し、人里離れた山奥で相棒のジョーとともにつつましやかな生活を送っている。猟犬探しの謝礼は、自分が決めた額

猟犬探偵 2 サイド・キック (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)



集英社 2016-11-16
竜門卓は失踪した猟犬探しを生業とするアウトロー探偵。そんな竜門の元に、西日本海ファームのオーナー・菅井より、調教所から忽然と姿を消した老厩務員・田畑が連れ出した犬・ファング、そしてかつての名馬・ヴェガ

ソー・ザップ!



大陸書房

ソー・ザップ! (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2016-03-04
人を撃てる、こんな機会を誰が断るか――。「パブ・パピヨン」の広い店内で、自分の命に3000万円もの賞金をかけたレッドムーン・シバと名乗る謎の男。挑戦をうけたのは、素手の格闘では無敵の元レスラーのベアキ

ソー・ザップ! (角川文庫)



角川書店
文庫。中古です。並程度。小口ヤケ有。商品カバーとイメージ画像とに相違がある場合がございます。稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方および中古品に神経質な方

ダック・コール



早川書房


稲見 一良の著書を検索する

稲見 一良の関連ニュース


稲見 一良のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、稲見 一良と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「稲見 一良」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.