犬童 球渓

(インドウ・キュウケイ)
犬童 球渓(いんどう きゅうけい、1879年4月20日 - 1943年10月19日)は、日本の詩人、作詞家、教育者。熊本県人吉市出身。東京音楽学校卒業。本名は「犬童信蔵」というが、球磨川の渓谷に生まれたことから「球渓」というペンネームをつけた。1943年、人吉で自殺。 新潟高等女学校赴任中に訳した『旅愁』、『故郷の廃家』が明治40年(1907年)の「中等教育唱歌集」に取り上げられ、現在でも広く歌われている。犬童球渓はこれらの代表作も含めて、生涯に250曲ほどの西洋歌曲の翻訳作詞を残した。彼の訳詞の特徴として、英語からの直訳を嫌い、日本語らしい表現にこだわった点などが挙げられる。 作品 外部リンク 犬童球渓先生について。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

犬童 球渓の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

犬童 球渓の著書を検索する

犬童 球渓の関連ニュース


犬童 球渓のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、犬童 球渓と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「犬童 球渓」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.