井上 ひさし

(イノウエヒサシ)
井上 ひさし(いのうえ ひさし、1934年11月17日 - 2010年4月9日)は、日本の小説家、劇作家、放送作家である。文化功労者、日本藝術院会員。本名は井上 廈(いのうえ ひさし)。1961年から1986年までの本名は内山 廈(うちやま ひさし)。遅筆堂(ちひつどう)を名乗ることもあった。 日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長(第14代)などを歴任した。晩年は自身の蔵書を収蔵した遅筆堂文庫を造り、運営した。(後述) 先妻は西舘代志子。後妻のユリは元衆議院議員米原昶の娘。長女は元こまつ座主宰の井上都。三女は株式会社こまつ座社長の石川麻矢。 幼少時代 1934年(昭和9年)11月17日、井上靖と競った文学青年の井上修吉を父とし、井上マスを母として山形県東置賜郡小松町中小松(現・川西町)に生まれる。修吉は実家が薬屋だったため薬剤師を目指す一方、農地解放運動に関わり、地方劇団「小松座」を主宰したほか、1935年には小松滋の筆名で書いた小説「H丸傳奇」が「サンデー毎日」第17回大衆文芸新人賞に入賞している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第67回 直木賞 / 第20回 吉川英治文学賞 / 第33回 読売文学賞小説賞 / 第27回 谷崎潤一郎賞

井上 ひさしの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

東慶寺花だより (文春文庫)



文藝春秋 2013-05-10

東慶寺花だより



文藝春秋 2013-06-14
井上ひさしが十年をかけて紡いだ、感動の遺作! 江戸時代、女たちが不幸な結婚から逃れるための「駆け込み寺」であった鎌倉の東慶寺。その門前に建つ御用宿の居候で、戯作者志望の青年の目を通し、救いを求めて寺に

東慶寺花だより



文藝春秋

井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法


いわさきちひろ イラスト /
講談社 2015-08-14
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法 (シリーズ 子どもたちの未来のために)


いわさき ちひろ イラスト /
講談社
この商品はAmazonから発送されます。

父と暮せば



新潮社

父と暮せば



新潮社 2013-11-01
「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」愛する者たちを原爆で失った美津江は、一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする。そんな娘を思いやるあまり「恋の応援団長」をかってでて励ます

井上 ひさしの著書を検索する

井上 ひさしの関連ニュース


井上 ひさしのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、井上 ひさしと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「井上 ひさし」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.