井上 靖

(イノウエ・ヤスシ)
井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家。文化功労者、文化勲章受章。 年譜 1907年(明治40年)5月6日 - 北海道上川郡旭川町(現在の旭川市)に軍医・井上隼雄と八重の長男として生まれる。井上家は静岡県伊豆湯ヶ島(現在の伊豆市)で代々続く医家である。父・隼雄は現在の伊豆市門野原の旧家出身であり井上家の婿である。 1908年(明治41年) - 父が韓国に従軍したので母の郷里・静岡県伊豆湯ヶ島(現在の伊豆市湯ヶ島)へ戻る。 1912年(大正元年) - 両親と離れ湯ヶ島で戸籍上の祖母かのに育てられる。 1914年(大正3年) - 湯ヶ島尋常小学校(後の伊豆市立湯ヶ島小学校。現在は閉校)に入学。 1920年(大正9年)2月 - 浜松尋常高等小学校(現在の浜松市立元城小学校)に編入学。同年4月、静岡県浜松師範学校附属尋常高等小学校(現在の静岡大学教育学部附属浜松小学校)に入学。なお入学前に浜松中学を受験するも落第。 1921年(大正10年) - 静岡県立浜松中学校(現在の静岡県立浜松北高等学校)に首席で入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第22回 芥川賞 / 第14回 野間文芸賞 / 第42回 野間文芸賞 / 第15回 読売文学賞小説賞

井上 靖の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

天平の甍 (ジュニア版日本文学名作選 50)


永井 潔 イラスト /
偕成社

天平の甍 (旺文社文庫)



旺文社
「天平の甍(いらか)」 天平時代、日本の仏教に戒律をもたらすために、遣唐船で唐に渡った四人の留学僧の足跡をたどりながら、深い孤独と虚無感のうちに、民族の運命を凝視した歴史小説。他に、死に直面した人間の

天平の甍(新潮文庫)



新潮社 2014-02-07
天平の昔、荒れ狂う大海を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら――在唐二十年、放浪の果て、高僧鑒真を伴って普照はただひとり故国の土を踏んだ……。鑒真来朝とい

天平の甍



中央公論新社

氷壁 (新潮文庫)



新潮社

氷壁 (新潮文庫)



新潮社 2011-06-01
穂高岳の難所に挑んだ小坂は、ナイロンザイルが切れて墜死する。彼と同行した魚津は、自殺説や醜聞にもめげず、友の死の真相究明に全力を注ぐ。そして小坂の恋人だった美貌の人妻美那子への思慕を胸に、困難な単独行

氷壁



新潮社


井上 靖の著書を検索する

井上 靖の関連ニュース


井上 靖のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、井上 靖と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「井上 靖」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.