井上 夢人

(イノウエ・ユメヒト)
井上 夢人(いのうえ ゆめひと、1950年12月9日 - )は、日本の小説家・推理作家。福岡県生まれ。多摩芸術学園映画科中退。本名は井上 泉。ペンネームはビートルズの楽曲「夢の人 - I've Just Seen A Face」に由来。 経歴・人物 徳山諄一とコンビを組み、「岡嶋二人」のペンネームで、1982年に『焦茶色のパステル』で第28回江戸川乱歩賞を受賞しデビューする。その後、二人で創作活動を続けるものの、1989年刊行の『クラインの壺』を境にコンビは解消され、井上は現在のペンネームである「井上夢人」で創作活動を続けている。なお『クラインの壺』はほとんど井上の手によって書かれたものである。 1992年、新潮社刊行の『ダレカガナカニイル…』にて再デビューする。井上は岡嶋時代も執筆をすべて担当していたこともあり、軽快で上品な文体はそのまま引き継がれている。内容的にはややSFへの傾斜が強くなった。自身も再デビューしてから純然たるミステリーは書いていないと語っている。 現在では井上夢人としての活動していた時間が岡嶋二人としての活動していた時間より長くなったが、作品数では少ない。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

井上 夢人の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ダレカガナカニイル… (講談社文庫)



講談社 2013-03-29
おまえは誰だ? 僕から出て行け! 警備員の西岡は、新興宗教団体を過激な反対運動から護る仕事に就いた。だが着任当夜、監視カメラの目の前で道場が出火、教祖が死を遂げる。それ以来、彼の頭で他人の声がしはじめ

ラバー・ソウル (講談社文庫)



講談社 2014-06-13

ラバー・ソウル



講談社

ラバー・ソウル (講談社文庫)



講談社 2014-08-08
洋楽専門誌にビートルズの評論を書くことだけが、社会との繋がりだった鈴木誠。女性など無縁だった男が、美しいモデルに心を奪われた。偶然の積み重なりは、鈴木の車の助手席に、美縞絵里(みしまえり)を座らせる。

プラスティック (講談社文庫)


田中 博 解説 /
講談社

プラスティック



双葉社


井上 夢人の著書を検索する

井上 夢人の関連ニュース


井上 夢人のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、井上 夢人と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「井上 夢人」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.