入江 相政

(イリエ・スケマサ)
入江 相政(いりえ すけまさ、1905年(明治38年)6月29日 - 1985年(昭和60年)9月29日)は、日本の官僚、歌人・随筆家である。昭和天皇の侍従・侍従長を長く務めた。従二位勲一等旭日大綬章、勲一等瑞宝章、紺綬褒章・賞杯。 堂上華族の入江家出身。歌人・柳原白蓮の甥であり、元岩崎勝商事社長・岩崎勝太郎は相政の義弟にあたる。 1905年(明治38年)6月29日、東京府東京市麻布区笄町(現・東京都港区西麻布)で、入江為守子爵・貴族院議員の三男として生まれる。兄に入江為常。生家は歌道冷泉派の宗家・冷泉家の流れを汲む「歌の家」。 冷泉家・入江家の通字は家祖・冷泉為相の名から取った「為」だが、入江家では同じく「相」の字も通字として用いられたため、相政と名付けられた。父・為守は冷泉家の当主・冷泉為理の次男で、後には東宮侍従長や皇太后宮大夫を務めた。為守は、冷泉家分家の入江家当主で従兄でもある入江為福の養子となった。母・信子は柳原前光伯爵の長女で、柳原白蓮の異母姉、大正天皇の生母・柳原愛子の姪にあたる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

入江 相政の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

アンソロジー お弁当。


阿部了 写真 /
パルコ

生活ごよみ〈冬の巻〉


千 登三子 監修 /入江 相政 編集 /立花 大亀 編集 /
講談社

日日是好日 (1978年)



読売新聞社

入江相政日記〈第1巻〉


朝日新聞社 編集 /
朝日新聞社

城の中 (中公文庫)



中央公論新社 2014-05-23

入江相政日記〈第2巻〉


朝日新聞社 編集 /
朝日新聞社

古典逍遥



阪急コミュニケーションズ


入江 相政の著書を検索する

入江 相政の関連ニュース


入江 相政のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、入江 相政と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「入江 相政」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.