入矢 義高

(イリヤ・ヨシタカ)
入矢 義高(いりや よしたか、1910年〈明治43年〉12月13日 - 1998年〈平成10年〉6月30日)は中国古典文学研究者(文学博士)で、中国禅を中心とした仏教学者である。 1910年、鹿児島県に、英語教師の入矢祐雲の長男として生まれる。京都大学に入るも父の意向でドイツ文学から中国文学へと転向し、倉石武四郎の教えを受ける。卒業後は東方研究所(のちの人文科学研究所)に入って、中国文学の口語研究を進め、特に禅籍における中世期の口語中国語研究を考究し第一人者であった。 名古屋大学、京都大学、京都産業大学、花園大学の教授を歴任し、また1965年(昭和40年)前後から、禅文化研究所を中心に数々の語録研究会を主催し後進の育成指導に当たる。 また、岩波文庫版『臨済録』は朝比奈宗源訳で出版されていたが、ルース・佐々木の依頼で中世中国語学の見地より新訳を行い、第3版目として刊行された。 研究者としての仔細は、『入矢義高先生追悼文集』(汲古書院)に詳しい。 1910年 鹿児島県鹿児島市に誕生 1928年 県立小倉中学校を卒業 1932年 福岡高等学校を卒業 1936年 京都大学文学部文学科を卒業。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

入矢 義高の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

臨済録 (岩波文庫)



岩波書店

馬祖の語録 禅文化研究所刊



アットマーククリエイト 2014-09-10
馬祖道一は湖南の石頭希遷と共に禅界の双璧と称され、その「平常心是道」「即心是仏」の禅風は、百丈、黄檗、そして臨済に継承され、後世の禅者に多大な影響を与えた。しかし馬祖の語録は、

禅の語録 12a 玄沙広録 上 (シリーズ・全集)


入矢 義高 監修 /唐代語録研究班 編集 /
筑摩書房

碧巌録 (中) (岩波文庫)



岩波書店
12世紀に編まれた禅の代表的古典。主要な禅師それぞれの全人格が投入された言行の記録百則。そこにその人ならではの悟境が託されており、それをそう受けとめるかは読む者の力量による。近年の中国語学の成果を生か

入矢 義高の著書を検索する

入矢 義高の関連ニュース


入矢 義高のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、入矢 義高と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「入矢 義高」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.