石原 莞爾

(イシワラ・カンジ)
石原 莞爾(いしわら かんじ、明治22年(1889年)1月18日 (戸籍の上では17日)- 昭和24年(1949年)8月15日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。栄典は従四位・勲三等・功三級、「世界最終戦論」など軍事思想家としても知られる。「帝国陸軍の異端児」の渾名が付くほど組織内では変わり者だった。 関東軍作戦参謀として、板垣征四郎らとともに柳条湖事件を起し満州事変を成功させた首謀者であるが、後に東條英機との対立から予備役に追いやられ、病気のため戦犯指定を免れた。 生涯 幼少年時代 明治22年(1889年)1月18日に山形県西田川郡鶴岡(現・鶴岡市)で旧庄内藩士、飯能警察署長の石原啓介とカネイの三男として生まれる。但し戸籍上は1月17日となっている。啓介とカネイは六男四女を儲け、莞爾は三男であるが長男の泉が生後二ヶ月で、二男の孫次が二週間で亡くなり、莞爾が事実上の長男である。四男の次郎は海軍中佐となるが1940年6月に航空機事故で殉職する。 五男の三郎は一歳で亡くなり、六男の六郎は戦後莞爾と共に行動して昭和51年(1976年)まで西山農場で暮らす。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

石原 莞爾の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

石原 莞爾の著書を検索する

石原 莞爾の関連ニュース


石原 莞爾のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石原 莞爾と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石原 莞爾」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.