石田 衣良

(イシダ・イラ)
石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日 - )は、日本の小説家。本名は石平庄一(いしだいらしょういち)。ペンネームの由来は本名「石平(いしだいら)」を分割したもの。 1960年(昭和35年)に、東京都江戸川区出身。姉が2人いる。 子供の頃から大変な読書家で、中学、高校、大学時代には、近所の3つの図書館から毎週4冊ずつ本を借りて読み、それでも足りなくて、文庫本を購入していたという。 15歳の頃、ハヤカワ文庫や東京創元社のSF・ミステリに熱中し、次々と読破した。特に、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフが好きだった。東京都立両国高等学校では、小池昌代と同級生だった。1978年、成蹊大学経済学部に入学、1983年に卒業した。 大学卒業後はフリーター生活を送っていたが、母親の他界をきっかけに就職を決意し、広告制作プロダクション・広告代理店にコピーライターとして勤務した後、33歳の時にフリーのコピーライターとなる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第129回 直木賞

石田 衣良の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

北斗 ある殺人者の回心 (集英社文庫)



集英社 2015-07-03
【第8回中央公論文芸賞受賞作】両親から激しい虐待を受けて育った少年、北斗。誰にも愛されず、愛することも知らない彼は、高校生の時、父親の死をきっかけに里親の綾子に引き取られ、人生で初めて安らぎを得る。し

北斗 ある殺人者の回心 (集英社文庫)



集英社 2015-04-17
北斗 ある殺人者の回心 (集英社文庫) [文庫] [Apr 17, 2015] 石田 衣良

憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパーク11 (文春文庫)



文藝春秋 2016-09-16
IWGP第2シーズン、満を持してスタート!ストリートの“今”を切り取り続けてきた本シリーズ。時を経て池袋は少しずつ変容しているが、あの男たちは変わらない。脱法ドラッグ、仮想通貨、ヘイトスピ

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春e-book)



文藝春秋 2016-08-04
ブラック企業の闇にマコトとタカシが迫る!今作でスポットを当てるのはユーチューバーやブラック企業。Gボーイズのキング・タカシの活躍が際立つIWGPシリーズ12巻目。

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII



文藝春秋
ご来店いただき、ありがとうございます。Amazon倉庫より、送料無料・保証付・365 日・年中無休で即日発送させていただいておりますので安心・安全!!  商品は、極力美品であるものを選び、こちらの商品

短編少年 (集英社文庫)



集英社 2017-05-19

キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇



文藝春秋 2014-09-05
IWGPシリーズ初の文庫書き下ろし作品が登場! マコトの親友にして池袋の王様、タカシはいかにして「氷のキング」になったのか?誰にだって忘れられない夏の一日があるよな――。高校時代のタカシに

石田 衣良の著書を検索する

石田 衣良の関連ニュース


石田 衣良のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石田 衣良と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石田 衣良」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.