石黒 耀

(イシグロ・アキラ)
石黒 耀(いしぐろ あきら、1954年 - )は小説家・内科医。ペンネームは黒曜石からとったものである。 プロフィール 広島県生まれで小・中・高と兵庫県で育つ。少年時代から火山に魅了される。 宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)卒。現在は大阪府で内科勤務医をしている。 名刺には「夢想家」と記載してありかなりロマンチストな面がうかがえるが、日本地震学会の「子ども地震火山サマースクール」にボランティアで参加するなど情熱的な側面もある。 著書 死都日本 2002年9月、講談社。2008年11月講談社文庫。霧島噴火を扱った処女作。メフィスト賞受賞、日本地質学会表彰、宮沢賢治賞奨励賞(2005年)。震災列島 2004年10月、講談社。2010年1月講談社文庫。東海地震を題材とした災害小説。日本地質学会表彰。吉川英治文学新人賞候補。昼は雲の柱 2006年11月、講談社。2011年5月講談社文庫(『富士覚醒』と改題)。富士山噴火を題材。樹の上の忠臣蔵 2007年12月、講談社。2011年12月講談社文庫(『忠臣蔵異聞 家老大野九郎兵衛の長い仇討ち』と改題)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第26回 メフィスト賞

石黒 耀の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

死都日本 (講談社文庫)



講談社 2014-01-24
西暦20XX年、有史以来初めての、しかし地球誕生以降、幾たびも繰り返されてきた“破局噴火”が日本に襲いかかる。噴火は霧島火山帯で始まり、南九州は壊滅、さらに噴煙は国境を越え北半球を覆う。日本は死の都と

死都日本



講談社

震災列島



講談社

震災列島 (講談社文庫)



講談社 2016-03-11
名古屋で地質会社を営む明石真人は、東海・東南海地震の連続発生を予測。地震による大津波を利用して、娘の仇を討つべく復讐計画を練り上げる。そして数ヵ月後、ついに東海地震が発生。浜岡原発の炉心融解(メルトダ

富士覚醒 (講談社文庫)



講談社 2011-05-13

富士覚醒 (講談社文庫)



講談社 2014-02-07
『死都日本』の石黒耀が描く、富士山噴火!富士山の地下で、怪しげな低周波地震が頻発。そしてついに噴火する富士山。被災地・御殿場市の住民を救うことはできるのか? クライシスノベル第3弾! (講談社文庫)

石黒 耀の著書を検索する

石黒 耀の関連ニュース


石黒 耀のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石黒 耀と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石黒 耀」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.