石原 慎太郎

(イシハラ・シンタロウ)
石原 慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年 (昭和7年) 9月30日 - )は、日本の政治家、作家。 参議院議員(1期)、環境庁長官(第8代)、運輸大臣(第59代)、東京都知事(第14代・第15代・第16代・第17代)、衆議院議員(9期)、日本維新の会代表、共同代表、次世代の党最高顧問を歴任した。 実弟は俳優の石原裕次郎。長男は自由民主党衆議院議員の石原伸晃。次男は俳優・タレントの石原良純。三男は自由民主党衆議院議員の石原宏高。四男は画家の石原延啓。 来歴・人物 兵庫県神戸市生まれ。湘南高等学校、一橋大学法学部卒業。 一橋大学では社会心理学の南博ゼミに所属。大学在学中の1956年(昭和31年) に文壇デビュー作である『太陽の季節』が第34回芥川賞を受賞、「太陽族」が生まれる契機となる。また、同作品の映画化では弟・裕次郎をデビューさせた。作家としては他に芸術選奨文部大臣賞、平林たい子文学賞などを受賞。『「NO」と言える日本 -新日米関係の方策-』(盛田昭夫との共著)、裕次郎を題材にした『弟』はミリオンセラーとなった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第34回 芥川賞 / 第1回 文學界新人賞

石原 慎太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

天才



幻冬舎 2016-01-22
天才 [単行本] [Jan 22, 2016] 石原 慎太郎

天才 (幻冬舎単行本)



幻冬舎 2016-01-21
高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど

文藝春秋2017年4月号[雑誌]



文藝春秋 2017-03-10
月刊「文藝春秋」4月号 おもな記事【グラビア】一挙に13ページ掲載!羽生結弦 美しき挑戦者2010-2017……2010~2017年シーズン、演技中の真

弟 (幻冬舎文庫)



幻冬舎



幻冬舎 2013-08-30
自由に生きた小樽、湘南の少年時代。海との出会い。父の死と経済的逼迫。無軌道な青春時代を経て、一躍映画界の大スターへ。そして憧れの女優、北原三枝との結婚と独立プロの設立。栄光と比例するように襲いかかる病



幻冬舎

海の家族 (文春e-book)



文藝春秋 2016-08-05
死地から生還した人間たちのその後の運命とは試合相手を殺めたキックボクサー。海難を生き延びた兄弟。特攻の生き残り。地獄を見て変容する人生を描く五篇。石原文学の新境地。

海の家族



文藝春秋


石原 慎太郎の著書を検索する

石原 慎太郎の関連ニュース


石原 慎太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石原 慎太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石原 慎太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.