いしい しんじ

(イシイ・シンジ)
いしい しんじ(1966年2月15日 - )は作家。 大阪府大阪市出身。万代池のそばで生まれる。男4人兄弟の次男。 幼児生活団を経て、大阪府立住吉高等学校、京都大学文学部仏文学科卒業。 京都市在住。既婚、1男あり。 5歳の時、話を書き始め、歌をつくる。高校生のころ、画家を志すが、知り合いにやめたほうがいいと言われた上に、芸大受験は失敗した。京都大学卒業後、リクルートイメージ推進室で働く。いわゆる奇人で、ある日「シーラカンスの刺身を食べてみたい」と思い立ち、会社から休暇をもらい、シーラカンスの刺身を求めてコモロを訪れる。旅行で書き溜めた日記が注目を集めデビューし退職。自身の小説に挿絵を書くことも多いが、イラストレーターではないとしている。 隅田川のそばで13年(炊き出し目当てで公園で寝泊りすることもよくあった)→三浦市→松本市→三浦市を経て、2010年2月から京都市在住。趣味はレコード収集、歌舞伎観劇、茶道表千家(1999年から)。カメラマンの石井孝典は双子の弟。 ペンネームが「いしいしんじ」とひらがな表記である理由は、特にない、としながらも、5歳で書いた処女作が「いしいしんじ」表記だったことに由来するということである。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

いしい しんじの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

いしい しんじの著書を検索する

いしい しんじの関連ニュース


いしい しんじのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、いしい しんじと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「いしい しんじ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.