石川 英輔

(イシカワ・エイスケ)
石川 英輔(いしかわ えいすけ、1933年9月30日 - )は、日本の作家、SF作家、江戸文化研究者、写真・印刷技術研究者。 京都府生まれ。東京都立石神井高等学校卒業。国際基督教大学、東京都立大学理学部中退。 1961年にミカ製版を設立して社長となる一方、西遊記のSFパロディ「SF西遊記」を、SF同人誌『宇宙塵』に連載し、作家デビュー。一連の中国古典小説のSFパロディ・シリーズを手がける。 また、1979年の『大江戸神仙伝』で、現代人がタイムスリップする「時代劇の江戸とは異なる、リアルな江戸社会」を描写し、シリーズ化される。同作は1985年にテレビドラマ化され、「主人公以外は、皆、背が低い人物」をキャスティングするなど、「リアルな江戸」を再現した。 1985年以降は専業作家となるが、「大江戸」シリーズの小説の執筆の他に、江戸時代の生活事情を研究したノンフィクションも刊行するようになる。「江戸時代は、リサイクルが発達した、理想的なエコロジー社会であった」と主張している。この時期、ソヴィエトや東欧の崩壊が重なったこともあり、エッセイ中で社会主義批判を繰り返すことが多いが、右派思想というよりは、統制的な全体主義や進歩至上主義、教条主義などを嫌悪する考え方の延長線上にあり、江戸時代は天保の改革などの一時期を除けば権力による統制も緩やかであったという立場を取っている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

石川 英輔の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

実見 江戸の暮らし (講談社文庫)



講談社 2013-02-15
人気のおかずは? 快適に暮らすための知恵とは? 当時の貨幣経済はどうだったの? 江戸庶民の毎日は、リサイクルを徹底し、低エネルギーでありながら実に豊かだった。当時のベストセラーの挿絵に息づく、バラエテ

大江戸神仙伝



評論社

大江戸神仙伝 (講談社文庫)



講談社 2013-02-08
現代の東京から花のお江戸へと転時(タイムスリップ)した男が見た150年前の姿とは? そこには、見るもの聞くものすべて、現代人の常識を覆す、実に魅力的な暮らしがあったのだ。彼は、持参した文明の利器や医学

大江戸神仙伝



講談社

大江戸生活事情 (講談社文庫)



講談社 2013-02-08
百万都市・江戸は、同時代の欧米の都市と比べ本当に遅れていたのだろうか!? 銀座・両替商などによる貨幣経済、奉行所などの行政組織、教育制度、江戸っ子の暮らし、職人たちの仕事ぶり、歌舞伎などの文化・芸術…

石川 英輔の著書を検索する

石川 英輔の関連ニュース


石川 英輔のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石川 英輔と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石川 英輔」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.