石川 淳

(イシカワ・ジュン)
石川 淳(いしかわ じゅん、1899年(明治32年)3月7日 - 1987年(昭和62年)12月29日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。東京府浅草区生まれ。無頼派、独自孤高の作家とも呼ばれ、エッセイでは夷斎先生の名で親しまれた。本名淳(きよし)。 生涯 生い立ち 東京市浅草区浅草三好町(現在の東京都台東区蔵前)にて銀行家で東京市会議員、共同銀行取締役の斯波厚の次男として生まれる。祖父は漢学者で昌平黌儒官の省斎石川介で、省斎により6歳から論語の素読を学び、淡島寒月より発句の手ほどきを受ける。父の厚は幕臣だった石川家から札差を営んでいた斯波家へ養子に入っていたが、次男の淳は石川家を継ぐため1914年7月、養子に入り家督相続人となった。1905年、精華小学校に入学し、4年時に精華小学校の制度改制にともない旧制新堀小学校(現在の台東区立台東中学校)に編入し、1911年、旧制京華中学校(現在の京華高等学校)に入学、中学時代は和漢の古典、江戸文学、漱石や鴎外を愛読した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第4回 芥川賞

石川 淳の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

カラー版 ポケットマニュアル 尿沈渣 第2版


福井 巖 監修 /石川 雄一 監修 /高野 淳 イラスト /
医歯薬出版 2016-12-17

夷齋座談―石川淳対談集



中央公論新社

女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)


安野 モヨコ 編集 /
中央公論新社

海外移住のススメ―週刊東洋経済eビジネス新書No.85



東洋経済新報社 2014-11-07
アジアで暮らす日本人が増えている。2013年時点では36万人にも。仕事のためだけではなく、「子どもの教育」のために、親の「介護」のため、「年金」を元手に物価の安いアジアで夢の富裕層生活を送るため……。

紫苑物語 (講談社文芸文庫)


立石 伯 解説 /
講談社

紫苑物語 (講談社文芸文庫)



講談社 2013-12-06
優美かつ艶やかな文体と、爽やかで強靱きわまる精神。昭和30年代初頭の日本現代文学に鮮烈な光芒を放つ真の意味での現代文学の巨匠・石川淳の中期代表作――華麗な“精神の運動”と想像力の飛翔。芸術選奨受賞作「

石川 淳の著書を検索する

石川 淳の関連ニュース


石川 淳のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石川 淳と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石川 淳」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.