石川 啄木

(イシカワ・タクボク)
石川 啄木(いしかわ たくぼく、1886年(明治19年)2月20日 - 1912年(明治45年)4月13日)は、日本の歌人、詩人。本名は石川 一(いしかわ はじめ)。 生涯 出生から盛岡時代・上京 岩手県南岩手郡日戸(ひのと)村(現在の盛岡市日戸)に、曹洞宗日照山常光寺住職の父・石川一禎(いってい)と母・カツの長男として生まれる。戸籍上は工藤一(くどうはじめ)。戸籍によると1886年(明治19年)2月20日の誕生だが、1885年(明治18年)10月28日に誕生したともいわれている。二人の姉(サタとトラ)と妹(ミツ、通称光子)がいる。 1887年(明治20年)3月、1歳の時に、父が渋民村(現在の盛岡市渋民)にある宝徳寺住職に転任したのにともなって一家で渋民村へ移住する。 1891年(明治24年)5歳。学齢より一歳はやく渋民尋常小学校に入学。1895年(明治28年)9歳、盛岡高等小学校(現・下橋中学校)に入学、1898年(明治31年)12歳、岩手県盛岡尋常中学校(啄木入学の翌年、岩手県盛岡中学と改名、現盛岡一高)で学んだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

石川 啄木の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫)



新潮社
旧装丁版   【商品】1982 石川啄木『 一握の砂・悲しき玩具 』 / 新潮社   【発行年月日】1982年 6月10日 55刷   【商品の状態】こちらは写真も掲載しましたように表紙が旧版のもので

一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―



新潮社 2013-07-01
啄木の処女歌集であり「我を愛する歌」で始まる『一握の砂』は、甘い抒情にのった自己哀惜の歌を多く含み、第二歌集の『悲しき玩具』は、切迫した生活感情を、虚無的な暗さを伴って吐露したものを多く含む。貧困と孤

一握の砂/悲しき玩具 (岩波少年文庫 540)


奥 勝実 イラスト /
岩波書店

『石川啄木全集・83作品⇒1冊』



石川啄木全集・出版委員会 2014-11-01
歌集「一握の砂」、詩集「あこがれ」などの代表作のほか、石川啄木の「83作品」を関連資料を含めて収録した大全集。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。 『石川啄木全

名作名著100選<注釈付・100冊完本>


飛鳥俊 編集 /
Asuka Creator 2014-10-20
 古今の名作名著100冊を選定し、電子図書1冊に全て収納しました。緑(日本の近現代文学)・赤(外国文学)・黄(日本の古典文学)・青(思想・歴史・宗教・科学)の四分野に分け、作品一覧に要約を

啄木・ローマ字日記 (岩波文庫 緑 54-4)


桑原 武夫 翻訳 /
岩波書店

新編 啄木歌集 (岩波文庫 緑54-1)


久保田正文 編 その他 /
岩波書店

啄木詩集 (岩波文庫)


大岡 信 編集 /
岩波書店


石川 啄木の著書を検索する

石川 啄木の関連ニュース


石川 啄木のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石川 啄木と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石川 啄木」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.