石川 達三

(イシカワ・タツゾウ)
石川 達三(いしかわ たつぞう、1905年(明治38年)7月2日 - 1985年(昭和60年)1月31日)は、日本の小説家。『蒼氓』により、芥川賞受賞者第一号となった。 秋田県平鹿郡横手町(現・横手市)に生まれる。父が秋田県立横手中学校の英語科教員だったため、転勤や転職に伴って秋田市、東京府荏原郡大井町、岡山県上房郡高梁町(現高梁市)、岡山市などで育つ。1914年、9歳で母を亡くす。1915年、父が再婚する。岡山県立高梁中学校3年から、転居に伴い関西中学校4年に編入し卒業、上京し第二早稲田高等学院在学中に山陽新聞に寄稿。1927年早稲田大学文学部英文科に進み、大阪朝日新聞の懸賞小説に当選。大学を1年で中退した後、国民時論社に就職し、持ち込みを行うも上手くいかず退職。 退職金を基に、1930年に移民の監督者として船でブラジルに渡り、数ヶ月後に帰国。国民時論社に復職して『新早稲田文学』の同人となり、小説を書く。その後国民時論社を再度退職し、嘱託として働く。 ブラジルの農場での体験を元にした『蒼氓』で、1935年に第1回芥川龍之介賞を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第1回 芥川賞

石川 達三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

生きている兵隊 (中公文庫)



中央公論新社

生きている兵隊



海口書店

生きている兵隊



海口書店

青春の蹉跌



新潮社

青春の蹉跌



新潮社 2013-07-01
生きることは闘いだ。他人はみな敵だ。平和なんてありはしない。人を押しのけ、奪い、人生の勝利者となるのだ――貧しさゆえに充たされぬ野望をもって社会に挑戦し、挫折した法律学生江藤賢一郎。成績抜群でありなが

蒼氓(そうぼう) (秋田魁新報社)


秋田魁新報社 編集 /
秋田魁新報社

蒼氓 (新潮文庫)



新潮社

金環蝕



新潮社


石川 達三の著書を検索する

石川 達三の関連ニュース


石川 達三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石川 達三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石川 達三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.