石森 延男

(イシモリ・ノブオ)
石森 延男(いしもり のぶお、1897年6月16日 - 1987年8月14日)は、日本の児童文学者、国語教育学者、教科書編集者。 来歴・人物 北海道札幌市生まれ。東京高等師範学校卒。中学校教師ののち、1926年、大連の南満洲教科書編集部に勤務し、『国語読本』を編集。1939年、文部省図書監修官となり、国民学校教科書を編纂、戦後、最後の国定教科書を編纂する。そのかたわら1926年頃から児童文学の創作をし、日中戦争当時の満州国を舞台にした少年小説『咲出す少年群』(1939)で第3回新潮文学賞、北海道のアイヌを主人公とした『コタンの口笛』(1957)で未明文学賞、産経児童出版文化賞、『バンのみやげ話』(1962)で第1回野間児童文芸賞受賞。昭和女子大学教授をしながら国語教科書編纂を続けた。1981年に今江祥智、尾崎秀樹、河合隼雄、栗原一登、阪田寛夫とともに児童文学季刊雑誌『飛ぶ教室』の編集委員となり、同誌を創刊。主要著作をまとめた『石森延男児童文学全集』全15巻がある。日本児童文学学会初代会長。 著作 慕はしき人々 少年少女文学物語 培風館, 1926 咲きだす少年群 モンクーフォン 新潮社, 1939 東亜新満洲文庫 修文館, 1939 幼な児へのお話 母のために 横山書店, 1940 綴方への道 東京修文館, 1940 ひろがる雲 三省堂, 1940 ふるさとの絵 三省堂, 1940 燕たち 三省堂, 1940 日本に来て 新潮社, 1941 赤い木のみ 筑摩書房, 1942 スンガリーの朝 大日本雄辯會講談社, 1942 三つ子の魂 光風館, 1943 (女性新書) 上下左右 鶴書房, 1943 新らしい芽 自由建設社, 1947 子供の生活と童話 振鈴社, 1948 わかれ道 光文社, 1948 なかよし 二葉書店, 1949 国語教育諸島 中央社, 1949 国語学習の入門 金子書房, 1949 一わのおおむ 曹洞宗宗務廳社會部, 1949 ぼくとなこちゃん 幼年佛教讀本 佛教年鑑社, 1949 わが作文教育 修文館, 1953 あなたのことば 青葉書房, 1957 たんじょうかい 青葉書房, 1957 コタンの口笛 1-2 東都書房, 1957 のち偕成社文庫 パトラとルミナ 1-2 東都書房, 1959 たのしい話のはなし方と作り方 教師と父母のために アジア出版社, 1959 作文二十話 近代社, 1959 欧洲遍路 教育随想 光村図書出版, 1960 親子牛 講学館, 1961 (日本の子ども文庫) ラバンドの花 随想集 光村図書出版, 1961 バンのみやげ話 東都書房, 1961 のち角川文庫 ふしぎなカーニバル 東都書房, 1963 石森延男小学生文庫 1~6年生 講談社, 1965 生きるよろこび 中学生におくる 講談社, 1966 桐の花 大阪教育図書, 1968 創作童話作法 いとし子にお話を あすなろ書房, 1968 犬のあしあと さ・え・ら書房, 1969 千軒岳 東都書房, 1969 のち角川文庫 黄色な風船 あすなろ書房, 1969 グスベリ 大阪教育図書, 1969 観光列車 大阪教育図書, 1970 石森延男児童文学全集 全15巻 学習研究社, 1971 かみのけぼうぼう 文研出版, 1972 とんびかっぱ 文研出版, 1972 シオンの花 あかね書房, 1972 タロチャンのまほうのタオル 金の星社, 1972 梨の花 マンロー先生とアイヌたち 文藝春秋, 1972 いえすさまのおはなし 女子パウロ会, 1973 七十七番のバス あすなろ書房, 1974 母なる人 女子パウロ会, 1974 ナザレのあけくれ 探究社, 1975 わたしの落穂ひろい 随想 あらき書店, 1983 ねむの花 石森延男先生書簡集 篠田啓子編 一葉庵 1989 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第1回 野間児童文芸賞

石森 延男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

バンのみやげ話 (児童文学創作シリーズ)


やなせ たかし イラスト /
講談社

コタンの口笛(第一部・下) (偕成社文庫4018)


鈴木 義治 イラスト /
偕成社

ジュニア・アンカー国語辞典


石森 延男 編集 /林 史典 編集 /林 義雄 編集 /
学習研究社


石森 延男の著書を検索する

石森 延男の関連ニュース


石森 延男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、石森 延男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「石森 延男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.