磯崎 憲一郎

(イソザキ・ケンイチロウ)
磯崎 憲一郎(いそざき けんいちろう、1965年2月28日 - )は、日本の小説家。三井物産広報部長を経て、東京工業大学大学院社会理工学研究科教授。 経歴・人物 千葉県我孫子市に生まれる。東京都立上野高等学校、早稲田大学商学部卒業。三井物産勤務の傍らで40歳を前に小説を書き始め、2007年に「肝心の子供」で第44回文藝賞受賞。「肝心の子供」はブッダとその息子、孫の三世代を描いた中編であり、審査員の一人であった保坂和志からは「素晴らしい身体性を持ったボルヘス」と評された。 2008年の「眼と太陽」(第139回芥川賞候補)、「世紀の発見」などを経て、2009年、「終の住処」で第141回芥川賞受賞。受賞時は 三井物産本店の人事総務部人材開発室次長を務めていた。2011年『赤の他人の瓜二つ』でドゥマゴ文学賞受賞(選考:辻原登)。2013年『往古来今』で泉鏡花文学賞受賞。 東京都世田谷区在住。家族は妻と2女で、会社勤めを続けながら執筆を行なっており、2014年1月1日付で三井物産広報部長に昇格したが、2015年9月に退社し、同年10月から東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻教授。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第141回 芥川賞 / 第41回 泉鏡花文学賞

磯崎 憲一郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

終の住処 (新潮文庫)



新潮社 2012-08-27

終の住処



新潮社
帯あり。基本として、受け取られた方が不快に思われるような、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。本品は目立つような傷・汚れもなく、よい状態です。気持ちよく鑑賞していただけるのではないかと思

終の住処(新潮文庫)



新潮社 2014-10-03
結婚すれば世の中のすべてが違って見えるかといえば、やはりそんなことはなかったのだ──。互いに二十代の長く続いた恋愛に敗れたあとで付き合いはじめ、三十を過ぎて結婚した男女。不安定で茫漠とした新婚生活を経

世紀の発見 (河出文庫)



河出書房新社 2016-07-01
幼少の頃に見た対岸を走る「黒くて巨大な機関車」、「マグロのような大きさの鯉」、そしてある日を境に消えてしまった友人A――芥川賞&ドゥマゴ文学賞作家が小説に内在する無限の可能性を示した傑作!

世紀の発見 (河出文庫)



河出書房新社 2012-05-08

世紀の発見



河出書房新社

アトリエ会議



河出書房新社

赤の他人の瓜二つ



講談社


磯崎 憲一郎の著書を検索する

磯崎 憲一郎の関連ニュース


磯崎 憲一郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、磯崎 憲一郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「磯崎 憲一郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.