伊藤 比呂美

(イトウ・ヒロミ)
伊藤 比呂美(いとう ひろみ、1955年9月13日 - )は、日本の詩人。東京都出身。東京都立竹早高等学校、青山学院大学文学部日本文学科卒業。 ポーランド文学者の西成彦は元夫。 大学在学中より新日本文学会の文学学校にて阿部岩夫に学ぶ。1978年『草木の空』でデビュー、性と生殖、そして死に関する言葉を多用し、『姫』『青梅』『テリトリー論Ⅱ/Ⅰ』などで80年代にかけての女性詩ブームを井坂洋子とともにリードし、女性による詩のイメージを革新した。 1985年『良いおっぱい悪いおっぱい』で、「子育てエッセイ」という分野を開拓する。のちに詩をやめて小説に移行し、1999年『ラニーニャ』などで一定の評価を得るが、2005年『河原荒草』で、また詩に復帰し、2007年『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で、説経節と現代詩を融合した独自の語りものの世界を確立する。音韻に敏感な表現スタイルもオリジナルなものとして評価を得る。 1984年より熊本市在住、1997年よりカリフォルニア州に在住しつつ、熊本とカリフォルニア間を往復する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第21回 野間文芸新人賞

伊藤 比呂美の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

今日 (福音館の単行本)


下田 昌克 イラスト /伊藤 比呂美 翻訳 /
福音館書店

MONKEY vol.11 ともだちがいない!


柴田 元幸 編集 /チャールズ・ブコウスキー その他 /村上 春樹 その他 /村田 沙耶香 その他 /伊藤 比呂美 その他 /谷川 俊太郎 その他 /くどうなおこ その他 /松本 大洋 その他 /
スイッチパブリッシング 2017-02-15

切腹考



文藝春秋

切腹考 (文春e-book)



文藝春秋 2017-02-24
「世の中に切腹愛好家多しといえども、実際に生の切腹を見たことがある人はなかなかいないだろう。わたしはそのひとりなのだった。」(本文より)かつて切腹のエロスに魅せられ

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)


伊藤比呂美 翻訳 /福永 武彦 翻訳 /町田 康 翻訳 /
河出書房新社

読んじゃいなよ!――明治学院大学国際学部高橋源一郎ゼミで岩波新書をよむ


高橋 源一郎 編集 /鷲田 清一 その他 /長谷部 恭男 その他 /伊藤 比呂美 その他 /
岩波書店

能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集10)


岡田 利規 翻訳 /伊藤 比呂美 翻訳 /いとう せいこう 翻訳 /桜庭 一樹 翻訳 /三浦 しをん 翻訳 /いしい しんじ 翻訳 /松井 今朝子 翻訳 /
河出書房新社

作家と楽しむ古典 古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首



河出書房新社 2017-02-17
話題の古典新訳を手掛けた作家たちは作品について、どう捉え、どう訳したのか。古事記から百人一首まで、第一線の作家たちが作品の魅力や訳の工夫などを語った、大好評の古典講義。

伊藤 比呂美の著書を検索する

伊藤 比呂美の関連ニュース


伊藤 比呂美のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、伊藤 比呂美と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「伊藤 比呂美」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.