伊藤 仁斎

(イトウ・ジンサイ)
伊藤 仁斎(いとう じんさい、寛永4年7月20日(1627年8月30日) - 宝永2年3月12日(1705年4月5日))は、江戸時代の前期に活躍した儒学者・思想家。京都の生まれ。日常生活のなかからあるべき倫理と人間像を探求して提示した。 諱は、はじめ維貞、のち維禎。仮名 (通称)は、源吉、源佐、源七。屋号は、鶴屋七右衛門。仁斎は号であり、諡号は古学先生。 生涯 寛永4年7月20日(1627年8月30日) 京都で誕生。 1662年 京都の堀川に古義堂を開く。堀川を隔てた対岸に、山崎闇斎の闇斎塾があった。 宝永2年3月12日(1705年4月5日) 死没。 家庭 40歳を過ぎてから結婚し1男2女をもうけたが、52歳のときに妻に先立たれ、その数年後に再婚し、更に4男1女をもうけた。末子で五男の蘭嵎(らんぐう)が生まれたのは仁斎68歳の時である。5人の男子は皆、優れた儒学者となった。東涯(原蔵)・梅宇(重蔵)・介亭(正蔵)・竹里(平蔵)・蘭嵎(才蔵)で、世上「伊藤の五蔵」と称された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

伊藤 仁斎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

童子問



伊藤重光

童子問 (1970年) (岩波文庫)


清水 茂 編さん /
岩波書店

古学先生文集 6巻


伊藤 仁斎 編集 /伊藤 東涯 編集 /
Kindleアーカイブ 2016-08-06
原本出版年:1717 原本出版者:不明本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適化

論語古義 (第2号)


佐藤正範 編集 /
六盟館

日本の名著 13 伊藤仁斎



中央公論新社


伊藤 仁斎の著書を検索する

伊藤 仁斎の関連ニュース


伊藤 仁斎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、伊藤 仁斎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「伊藤 仁斎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.