伊藤 桂一

(イトウ・ケイイチ)
伊藤 桂一(いとう けいいち、1917年8月23日 - )は、日本の小説家、詩人。『静かなノモンハン』などの戦場小説や、時代小説、私小説風な身辺小説などがある。日本芸術院会員。 生い立ち 三重県三重郡神前村(現四日市市)の天台宗高角山大日寺に生まれる。4歳の時に交通事故で父が亡くなり、寺の所有を巡る争いから7歳の時に家族で大阪に出て祖母、叔母と同居。次いで1926年9歳の時に東京と転々とし、妹の療養のため徳山市にも2年間付き添った。教師を志して青山師範学校を受験するが失敗し、1932年15歳の時に立正中学に入学、文学に熱中する。1934年に曹洞宗の寺院に見習いとして入寺し、旧制世田谷中学に転校。詩や小説の投稿を行うようになり、1935年に「文芸首都」に小説「祖父一家」が入選、掲載される。1936年に上野のゴム再生業店に勤め、その後も商社事務員、ビルの清掃業など職を転々としながら、「日本詩壇」などに投稿。詩の雑誌『紅籃』『餐』(後に『馬車』『山河』)『凝視』『内在』などに参加。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第46回 直木賞 / 第18回 吉川英治文学賞

伊藤 桂一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

AAA 伊藤千晃 『DESTRUCTION 』 (DVD付)


新田桂一 写真 /
ギャンビット

静かなノモンハン (講談社文芸文庫)


勝又 浩 解説 /
講談社

静かなノモンハン



講談社

静かなノモンハン (講談社文芸文庫)



講談社 2014-05-02
昭和14年5月、満蒙国境で始まった小競り合いは、関東軍、ソ蒙軍間の4ヵ月に亘る凄絶な戦闘に発展した。襲いかかる大戦車群に、徒手空拳の軽装備で対し、水さえない砂また砂の戦場に斃れた死者8千余。生還した3

静かなノモンハン



講談社

シンボルスカ詩集 (世界現代詩文庫)


伊藤 桂一 監修 /Wislawa Szymborska 原著 /つかだ みちこ 翻訳 /
土曜美術社出版販売


伊藤 桂一の著書を検索する

伊藤 桂一の関連ニュース


伊藤 桂一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、伊藤 桂一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「伊藤 桂一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.