伊藤 左千夫

(イトウ・サチオ)
伊藤 左千夫(いとう さちお、1864年9月18日(元治元年8月18日) - 1913年(大正2年)7月30日)は日本の歌人、小説家。本名 幸次郎。 上総国武射郡殿台村(現在の千葉県山武市)の農家出身。明治法律学校(現・明治大学)中退。 1898年(明治31年)に新聞『日本』に「非新自讃歌論」を発表。『歌よみに与ふる書』に感化され、正岡子規に師事。子規の没後、根岸短歌会系歌人をまとめ、短歌雑誌『馬酔木』『アララギ』の中心となって、島木赤彦、斎藤茂吉、古泉千樫、中村憲吉、土屋文明などを育成した。 また、1905年(明治38年)には、子規の写生文の影響を受けた小説「野菊の墓」を『ホトトギス』に発表。夏目漱石に評価される。代表作に『隣の嫁』『春の潮』など。この頃、東京帝国大学学生の三井甲之や近角常音が出入りをしていた。常音の兄である真宗大谷派僧侶の近角常観とも知遇を得て、常観が主宰していた雑誌『求道』(求道発行所)に短歌を寄稿する。 1913年(大正2年)に脳溢血のため死去。 茶の湯 左千夫は茶道にも通じており、子規から「茶博士」と呼ばれたほどで、左千夫の自宅を「無一塵庵」と名付けた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

伊藤 左千夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

野菊の墓



新潮社 2013-07-01
政夫と民子は仲の良いいとこ同士だが、政夫が十五、民子が十七の頃には、互いの心に清純な恋が芽生えていた。しかし民子が年上であるために、ふたりの思いは遂げられず、政夫は町の中学へ、民子は強いられ嫁いでいく

野菊の墓 (青空文庫POD(大活字版))

¥702

青空文庫POD[NextPublishing] 2014-10-31

野菊の墓 (PHP文庫)



PHP研究所

野菊の墓



俳書堂


伊藤 左千夫の著書を検索する

伊藤 左千夫の関連ニュース


伊藤 左千夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、伊藤 左千夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「伊藤 左千夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.