伊東 静雄

(イトウ・シズオ)
伊東 静雄(いとう しずお、1906年(明治39年)12月10日 - 1953年(昭和28年)3月12日)は日本の詩人。長崎県諫早市出身。 長崎県立大村中学(現 長崎県立大村高等学校)から、旧制佐賀高等学校(現 佐賀大学)を経て京都帝国大学文学部国文科に学んだ。 卒業後は公立学校教員(公務員)となり大阪府立住吉中学校(現 大阪府立住吉高等学校)教諭となった。終戦後は大阪府立阿倍野高等学校に転勤。詩作活動に耽る傍ら、地方公務員の教員としても勤務するという「二足の草鞋」となり、生涯教職から離れなかった。 旧制住吉中学時代には、『古事記』を教えていたことと、その流行を追わないスタイルから「コジキ」というあだ名をつけられていた名物教師だったというエピソードが残っている。 京大在学中には、文学部教授に旧制大村中学の先輩である朝永三十郎(1965年ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎の父親)が、旧制住吉中学当時の教え子には、第三の新人の一人である小説家の庄野潤三や2008年ノーベル化学賞を受賞した下村脩がいた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

伊東 静雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

定本伊東静雄全集


桑原 武夫 編さん /
人文書院

春のいそぎ



詩刻書林 2013-02-10
詩集『春のいそぎ』は伊東静雄の第三詩集。「大詔煥發の前二年、後一年餘の間に折りにふれて書きおいた ものを集めて、一册をつくつたのである。」(自序)

伊東静雄詩集 日本の詩人



古典教養文庫 2013-07-02
 1935年(昭和10年)、伊東静雄は処女詩集であり、また代表作とも言うべき『わがひとに与ふる哀歌』を発行しました。このとき、これを読んだ萩原朔太郎が「日本にまだ一人、詩人が残っていた」と激賞し、一気

わがひとに与ふる哀歌 (青空文庫POD(大活字版))

¥540

青空文庫POD[NextPublishing] 2014-10-31


伊東 静雄の著書を検索する

伊東 静雄の関連ニュース


伊東 静雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、伊東 静雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「伊東 静雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.