絲山 秋子

(イトヤマ・アキコ)
絲山 秋子(いとやま あきこ、1966年11月22日 - )は、日本の小説家。群馬県高崎市在住。高崎経済大学非常勤理事。本名・西平秋子。「絲山」は曽祖父の弁護士・絲山貞規(父の母方)から拝借した。父は、元・上智大学経済学部教授の西平重喜。 来歴・人物 東京都世田谷区出身。東京都立新宿高等学校、早稲田大学政治経済学部経済学科卒。卒業後INAXに入社し、営業職として数度の転勤を経験。1998年に躁鬱病を患い休職、入院。入院中に小説の執筆を始める。2001年退職。 2003年、「イッツ・オンリー・トーク」で第96回文學界新人賞を受賞し小説家デビュー。受賞時ペンネームは「あき子」だったが、デビューに際して「秋子」とした。同作品で第129回芥川賞候補となる。2004年、「袋小路の男」で第30回川端康成文学賞受賞。デビューから1年は歴代最短。 2005年、『海の仙人』で第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞、『逃亡くそたわけ』で第133回直木賞候補および第27回野間文芸新人賞候補。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第134回 芥川賞 / 第96回 文學界新人賞

絲山 秋子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

離陸 (文春文庫)



文藝春秋 2017-04-07

沖で待つ



文藝春秋 2014-01-10
第134回芥川賞受賞作。待望の電子化!仕事のことだったら、そいつのために何だってしてやる。そう思っていた同期の太っちゃんが死んだ。約束を果たすため、私は太っちゃんの部屋にしのび

沖で待つ (文春文庫)



文藝春秋

沖で待つ



文藝春秋

薄情



新潮社

袋小路の男 (講談社文庫)



講談社
『「本屋大賞」事務局(http://www.hontai.jp)』からノミネート作品のPOPが届きました!

袋小路の男 (講談社文庫)



講談社 2012-12-21
高校の先輩、小田切孝に出会ったその時から、大谷日向子の思いは募っていった。大学に進学して、社会人になっても、指さえ触れることもなく、ただ思い続けた12年。それでも日向子の気持ちが、離れることはなかった

袋小路の男



講談社
『「本屋大賞」事務局(http://www.hontai.jp)』からノミネート作品のPOPが届きました!

忘れられたワルツ



新潮社

忘れられたワルツ



新潮社 2015-11-20
恋愛とは雑用である。不要でなく雑用である。忙しいときに限ってオトコというものが現れる(「恋愛雑用論」)。ピアノを弾く姉、テレビに出る母、未知の言語を学ぶ父。何もないのは私だけ。あの発作が起きるまでは(

絲山 秋子の著書を検索する

絲山 秋子の関連ニュース


絲山 秋子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、絲山 秋子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「絲山 秋子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.