五木 寛之

(イツキ・ヒロユキ)
五木 寛之(いつき ひろゆき、1932年9月30日 - )は、日本の小説家・随筆家。作詞家としての活動も多い。旧姓は松延(まつのぶ)。 生い立ち 1932年、教員の松延信蔵とカシエの長男として福岡県八女郡に生まれる。生後まもなく朝鮮半島に渡り、父の勤務に付いて全羅道、京城など朝鮮各地に移る。少年時代は、父から古典の素読や剣道、詩吟を教えられた。第二次世界大戦終戦時は平壌にいたが、ソ連軍進駐の混乱の中では母死去、父とともに幼い弟、妹を連れて38度線を越えて開城に脱出し、1947年に福岡県に引き揚げる。 引き揚げ後は父方の祖父のいる三潴郡、八女郡などを転々とし、行商などのアルバイトで生活を支えた。1948年に(旧制)福岡県立八女中学校に入学、ゴーゴリやチェーホフを読み出し、同人誌に参加してユーモア小説を掲載。福岡県立福島高等学校に入学、ツルゲーネフ、ドストエフスキーなどを読み、テニス部と新聞部に入って創作小説や映画評論を掲載した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第56回 直木賞 / 第10回 吉川英治文学賞

五木 寛之の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

聖書と歎異抄



東京書籍

かもめのジョナサン: 【完成版】 (新潮文庫)


Richard Bach 原著 /五木 寛之 翻訳 /
新潮社 2015-06-26

かもめのジョナサン【完成版】(新潮文庫)


五木 寛之 翻訳 /
新潮社 2015-12-18
「飛ぶ歓び」「生きる歓び」を追い求め、自分の限界を突破しようとした、かもめのジョナサン。群れから追放された彼は、精神世界の重要さに気づき、見出した真実を仲間に伝える。しかし、ジョナサンが姿を消した後、

かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)


Richard Bach 原著 /五木 寛之 翻訳 /
新潮社

かもめのジョナサン (1974年)


五木 寛之 翻訳 /
新潮社
かもめのジョナサン・ひとつの謎として/五木寛之

大河の一滴



幻冬舎 2013-04-19
どんなに前向きに生きようとも、誰しもふとした折に、心が萎えることがある。だが本来、人間の一生とは、苦しみと絶望の連続である。そう〝覚悟〟するところからすべては開けるのだ――。究極のマイナス思考から出発

風の王国



新潮社


五木 寛之の著書を検索する

五木 寛之の関連ニュース


五木 寛之のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、五木 寛之と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「五木 寛之」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.