岩阪 恵子

(イワサカ・ケイコ)
岩阪 恵子(いわさか けいこ、1946年6月17日 - )は、日本の小説家。奈良県生まれ。関西学院大学文学部史学科卒業。 夫は詩人・作家の清岡卓行(きよおか たかゆき)。また前妻の息子の清岡智比古も、フランス語研究者(明治大学理工学部准教授)であり、意欲的に創作活動も行っている。 1歳から23歳までを大阪市旭区で送る。19歳から詩作を始める。24歳で、師事していた24歳年上の清岡卓行と結婚し、東京に転居。この年から小説を書き始めた。画家小出楢重の評伝執筆が契機となって、故郷大阪の土地とことばを生かした短編集『淀川にちかい町から』を上梓し高い評価を受けた。 受賞 1986年『ミモザの林を』で野間文芸新人賞 1992年『画家小出楢重の肖像』で平林たい子文学賞 1994年『淀川にちかい町から』で 芸術選奨文部大臣賞および紫式部文学賞受賞 2000年「雨のち雨?」で川端康成文学賞  著作 『ジョヴァンニ』1968年 文童社(詩集) 『蝉の声がして』1981年 講談社 『ミモザの林を』1986年 講談社 野間文芸新人賞受賞 『画家小出楢重の肖像』1992年 新潮社  のち講談社文芸文庫 『淀川にちかい町から』1994年 講談社 のち文芸文庫  『木山さん、捷平さん』1996年 新潮社 『雨のち雨?』2000年 新潮社 『台所の詩人たち』2001年 岩波書店  『掘るひと』2006年 講談社 『緑蔭だより』2012年 自費出版  『わたしの木下杢太郎』2015年 講談社 編著 『清岡卓行論集成』勉誠出版、2008年。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第8回 野間文芸新人賞

岩阪 恵子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

岩阪 恵子の著書を検索する

岩阪 恵子の関連ニュース


岩阪 恵子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、岩阪 恵子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「岩阪 恵子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.