岩瀬 成子

(イセワ・ジョウコ)
岩瀬 成子(いわせ じょうこ、1950年(昭和25年)8月25日 - )は、日本の児童文学作家。山口県玖珂郡玖珂町出身。山口県岩国市在住。 山口県立岩国商業高等学校卒業後、公務員として働く。1972年に岩国市にできた喫茶店「ほびっと」で今江祥智を知り、京都の聖母女学院短期大学の聴講生として児童文学を学ぶ。1975年、岩国に帰郷後、在住。 1978年『朝はだんだん見えてくる』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。『「うそじゃないよ」と谷川くんはいった』で産経児童出版文化賞・小学館文学賞・IBBYオナーリスト賞を受賞、『ステゴザウルス』『迷い鳥とぶ』で路傍の石文学賞を受賞。2008年、『そのぬくもりはきえない』で日本児童文学者協会賞を受賞。2014年、『あたらしい子がきて』で野間児童文芸賞、2015年、JBBY賞を受賞。2015年、『きみは知らないほうがいい』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。 周囲の人々との関係に揺れて自分を探る子どもの姿を描くのを得意としている。 著書 朝はだんだん見えてくる 理論社、1977 わたしねこ 理論社、1979  小さな獣たちの冬 小学館、1980  アトリエの馬 学校図書、1981  額の中の街 理論社、1984  あたしをさがして 理論社、1987  ポケットのなかの 理論社、1988  日曜日の手品師 教育画劇、1989  「うそじゃないよ」と谷川くんはいった PHP研究所、1991  アイスクリーム・ドリーム 理論社、1991  もうちょっとだけ子どもでいよう 理論社、1992  子どもたちの森 あかね書房、1993  迷い鳥とぶ 理論社、1994  ステゴザウルス マガジンハウス、1994  イタチ帽子 文渓堂、1995  どうぶつふうせん ほるぷ出版 1996.7 やわらかい扉 ベネッセ、1996  アルマジロのしっぽ あかね書房、1997  夜くる鳥 PHP研究所、1997  大きい家 小さい足 理論社、1997  金色の象 偕成社、2001  二十歳だった頃 晶文社 2002.11 さらわれる BL出版 2002.9 月夜の誕生日 金の星社 2004.3 となりのこども 理論社 2004.12 小さな小さな海 理論社 2005.7 そのぬくもりはきえない 偕成社 2007.11 「さやか」ぼくはさけんだ 佼成出版社 2007.12 だれかないてる 佼成出版社 2008.3 オール・マイ・ラヴィング ホーム社 2010.1 なみだひっこんでろ 岩崎書店 2012.5 あたらしい子がきて 岩崎書店 2014.1 『朝はだんだん見えてくる』 デビュー作。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第48回 日本児童文学者協会賞 / 第52回 野間児童文芸賞

岩瀬 成子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

飛ぶ教室第49号(2017年春) (飛べ、おとうさん)


飛ぶ教室編集部 編集 /北村 人 イラスト /ささめや ゆき イラスト /及川 賢治 イラスト /佐藤 真紀子 イラスト /五十嵐 大介 イラスト /
光村図書出版

マルの背中



講談社

マルの背中


酒井駒子 イラスト /
講談社 2016-11-04
小三の亜澄は母と二人暮らしをしている。亜澄が7才、弟の理央が5才のときに、両親が離婚して弟が父に引き取られたからだ。コンビニのパートで生計を立てる母とのぎりぎりの生活を、淡々と受け止めている亜澄だが、

ポケットのなかの「エーエン」 (きみとぼくの本)


柳生 まち子 イラスト /
理論社

まつりちゃん



理論社

きみは知らないほうがいい (文研じゅべにーる)


長谷川 集平 イラスト /
文研出版

飛ぶ教室45号(2016年春) (【特集】今江祥智)


飛ぶ教室編集部 編集 /
光村図書出版


岩瀬 成子の著書を検索する

岩瀬 成子の関連ニュース


岩瀬 成子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、岩瀬 成子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「岩瀬 成子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.