井沢 元彦

(イザワ・モトヒコ)
井沢 元彦(いざわ もとひこ、1954年2月1日 - )は、日本の歴史小説作家・推理作家・歴史研究家。元TBS報道記者。愛知県名古屋市出身。 東京都立千歳高等学校(東京都立芦花高等学校の前身の一校)、早稲田大学法学部卒業。大学在学中「倒錯の報復」が江戸川乱歩賞候補となる。大学卒業後、TBSに入社。報道局(政治部)記者時代の1980年に『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。これは主人公が薬品の作用により精神のみタイムスリップして折口信夫の精神と同化するというSF的設定の中で、梅原猛『水底の歌』の説に従い柿本人麻呂と猿丸太夫の関係やいろは歌の謎、そして折口と同時代の犯罪事件を同時に解き明かすという筋立ての歴史ミステリー作品である。1985年に退社後、作家活動に専念する。 小説家としては、推理小説、ことに歴史上の謎を題材に取りつつ現代の殺人をからめた「歴史ミステリー」と呼ばれる分野で多数の作品を発表している。その他、時代小説作品も手がけている。初期はファミコンゲーム『ドラゴンバスター』の小説版やファンタジーなども手がけていた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第26回 江戸川乱歩賞

井沢 元彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

逆説の日本史20 幕末年代史編3/西郷隆盛と薩英戦争の謎



小学館 2017-04-28
覚醒した薩摩、目覚めなかった長州。世に言う「八月十八日の政変」で京を追われた長州は失地回復を狙って出兵を行なうも、会津・薩摩連合軍の前に敗走する。この「禁門(蛤御門)の変」以降、長州と

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)



小学館
逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)

逆説の日本史1 古代黎明編/封印された「倭」の謎



小学館 2012-11-19
タブーに近かった空白の古代史の謎を大胆な推理で解明。日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!日本人の「わ」の精神のルーツは?宮内庁が天皇陵の学術調査を拒み続けるのはなぜか?

逆説の日本史19 幕末年代史編2/井伊直弼と尊王攘夷の謎



小学館 2016-04-22
一発の銃弾が日本の歴史を変えた!幕府老中首座・堀田正睦は手を焼いていた。“水戸のご老公”こと水戸藩主・徳川斉昭が、日米修好通商条約の調印に断固反対だったからである。そこで堀田が

逆説の日本史18 幕末年代史編1/黒船来航と開国交渉の謎



小学館 2015-07-24
アメリカを怒らせた幕末日本のお粗末外交!嘉永6年(1853)、アメリカ東インド艦隊司令長官マシュー・ペリー率いる“黒船艦隊"が浦賀に来航した。「突然」の来航に浦賀奉行所は慌てふためいた

井沢 元彦の著書を検索する

井沢 元彦の関連ニュース


井沢 元彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、井沢 元彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「井沢 元彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.