泉 鏡花

(イズミ・キョウカ)
泉 鏡花(いずみ きょうか、1873年(明治6年)11月4日 - 1939年(昭和14年)9月7日)は、日本の小説家。明治後期から昭和初期にかけて活躍した。小説の他に戯曲や俳句も手がけた。本名、鏡太郎(きょうたろう)。金沢市下新町生れ。 尾崎紅葉に師事した。『夜行巡査』『外科室』で評価を得、『高野聖』で人気作家になる。江戸文芸の影響を深くうけた怪奇趣味と特有のロマンティシズムで知られる。また近代における幻想文学の先駆者としても評価される。他の主要作品に『照葉狂言』、『婦系図』、『歌行燈』などがある。 生涯 上京まで 1873年(明治6年)11月4日、石川県金沢市下新町に生れる。父・清次は、工名を政光といい、加賀藩細工方白銀職の系譜に属する象眼細工・彫金等の錺職人。母・鈴は、加賀藩御手役者葛野流大鼓方中田万三郎豊喜の末娘で、江戸の生れ。幼少期における故郷金沢や母親の思い出は後年に至るまで鏡花の愛惜措くあたわざるものであり、折にふれて作品のなかに登場する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

泉 鏡花の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

『泉鏡花全集・188作品⇒1冊』



泉鏡花全集・出版委員会 2014-12-23
「高野聖」「夜叉ヶ池」「天守物語」。川端康成や三島由紀夫に影響を与えた幻想文学の先駆者、泉鏡花の「188作品」を1冊に収録。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

高野聖 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-06-25
飛騨から信州へと向かう僧が、危険な旧道を経てようやくたどり着いた山中の一軒家。家の婦人に一夜の宿を請うが、彼女には恐ろしい秘密があった。耽美な魅力に溢れる表題作や、滝の白糸で知られる「義血侠血」、「夜

高野聖 (角川文庫)



角川書店 2013-06-21

高野聖 [新潮CD]



新潮社

高野聖 (現代語訳名作シリーズ)


川北 亮司 翻訳 /
理論社

高野聖 (青空文庫POD(大活字版))

¥753

青空文庫POD[NextPublishing] 2014-03-10

高野聖


株式会社スタジオ・エコー 出版社 /根本 泰彦 ナレーション /川本 克彦 ナレーション /吉川 亜紀子 ナレーション /
株式会社スタジオ・エコー
「高野聖」の作家、泉鏡花は明治後期から昭和中期まで活躍した、非常に個性的な非現実的な世界を描いた作品を発表した作家として知られている。「高野聖」も、一人の青年が宿で一緒になった老僧から聞いた修行時代に

高野聖 (青空文庫POD(シニア版))

¥586

青空文庫POD[NextPublishing] 2014-03-10


泉 鏡花の著書を検索する

泉 鏡花の関連ニュース


泉 鏡花のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、泉 鏡花と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「泉 鏡花」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.