井筒 俊彦

(イヅツ・トシヒコ)
井筒 俊彦(いづつ としひこ、1914年5月4日 - 1993年1月7日)は、文学博士、言語学者、イスラーム学者、東洋思想研究者、神秘主義哲学者。慶應義塾大学名誉教授。エラノス会議メンバー、日本学士院会員。語学の天才と称され、大部分の著作が英文で書かれていることもあり、日本国内でよりも、欧米において高く評価されている。 アラビア語、ペルシャ語、サンスクリット語、パーリ語、ロシア語、ギリシャ語、中東(特にイラン)等の30以上の言語を流暢に操り、日本で最初の『コーラン』の原典訳を刊行し、ギリシア哲学、ギリシャ神秘主義と言語学の研究に取り組み、イスラムスーフィズム、ヒンドゥー教の不二一元論、大乗仏教(特に禅)、および哲学道教の形而上学と哲学的知恵、後期には仏教思想・老荘思想・朱子学などを視野に収め、禅、密教、ヒンドゥー教、道教、儒教、ギリシア哲学、ユダヤ教、スコラ哲学などを横断する独自の東洋哲学の構築を試みた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

井筒 俊彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

意識と本質-精神的東洋を索めて (岩波文庫)



岩波書店 2017-05-18
東洋哲学の諸伝統の分析から得た根元的思想パターンを己れの身にひきうけて主体化し,その基盤の上に新しい哲学を生み出さなければならない.本書はこうした問題意識を独自の「共時的構造化」の方法によって展開した

老子道徳経 (井筒俊彦英文著作翻訳コレクション)


古勝 隆一 翻訳 /
慶應義塾大学出版会

コーラン 上 (岩波文庫 青 813-1)


井筒 俊彦 翻訳 /
岩波書店

コーラン 上 (岩波文庫)



岩波書店 2015-01-22
イスラム教は,仏教,キリスト教と共に世界三大宗教の一つになっている.『コーラン』はイスラム教の聖典.その中にはイスラム教を興したアラビア人マホメットの行動と,彼を通してえた神の天啓とが鮮かに写し出され

コーラン〈上〉 (ワイド版岩波文庫)


井筒 俊彦 翻訳 /
岩波書店


井筒 俊彦の著書を検索する

井筒 俊彦の関連ニュース


井筒 俊彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、井筒 俊彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「井筒 俊彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.