門田 泰明

(カドタ・ヤスアキ)
門田 泰明(かどた やすあき、1940年 - )は、日本の小説家。 代表作は「特命武装検事・黒木豹介」シリーズ(通称「黒豹シリーズ」)。 ダイナミックで迫力のある文章を書き(宇宙空間での射撃など、故意に科学的常識を無視してしまっているところもある)、大人から学生まで、幅広い人気を得ているベストセラー作家。現代小説には珍しく、日本刀を用いた剣劇シーンが多く、その迫力あふれる文章表現から、本人も剣術・剣道の経験者であると言われている。近年では得意の剣劇描写を生かして、時代小説も多数執筆している。 また肉親を次々と癌で失った経験から、医療関係に題材を取った小説も多い。 中条省平が「小説家になる!」(ちくま文庫)の中で門田を批判し、反面教師的作家として取り上げたことでも有名である。 作品 白い野望 大病院が震える日 癌病棟のメス 美貌のメス 愛憎のメス 狂瀾のメス 白い復讐 白の断層 白の乱舞 病巣列島 夜光虫 ガン新薬戦争 華麗なる曝葬 空白の診断書 首領たちの欲望 特命武装検事・黒木豹介 黒豹撃戦 黒豹狙撃 帝王コブラ 黒豹叛撃 帝王コブラ2 黒豹伝説 吼える銀狼 黒豹ゴリラ 黒豹皆殺し 黒豹列島 皇帝陛下の黒豹 黒豹必殺 さらば黒豹 黒豹キルガン 黒豹スペースコンバット(上・中・下) 黒豹夢想剣 黒豹忍殺し 黒豹ダブルダウン(1~7) 黒豹ラッシュダンシング(1~7) 黒豹奪還(上・下) 時代小説 ひぐらし武士道 大江戸剣花帖 斬りて候 ぜえろく武士道覚書 一閃なり ぜえろく武士道覚書 討ちて候 ぜえろく武士道覚書。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

門田 泰明の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

拵屋(こしらえや)銀次郎半畳記 侠客 一 拵屋銀次郎半畳記 (徳間文庫)



徳間書店 2017-01-13
無外流免許皆伝にして「拵事」では江戸一と賞賛される銀次郎の刃が閃いた! 怒濤のシリーズ第一弾!老舗呉服問屋「京野屋」の隠居・文左衛門が斬殺された! 下手人は一人。悲鳴をあげる間もない一瞬の出来事だった

門田 泰明の著書を検索する

門田 泰明の関連ニュース


門田 泰明のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、門田 泰明と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「門田 泰明」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.