加賀 乙彦

(カガ・オトヒコ)
加賀 乙彦(かが おとひこ、男性、1929年4月22日 - )は、日本の小説家、精神科医。本名は小木貞孝(こぎ さだたか)。 来歴・人物 1929年、東京市芝区三田に生まれ、東京市淀橋区西大久保(現・東京都新宿区歌舞伎町)に育つ。大久保小学校5~6年の頃、新潮社の世界文学全集を耽読したことが、後年長篇作家になる素地を培ったという。1942年4月、東京府立第六中学校入学。1943年4月、100倍の倍率を突破して名古屋陸軍幼年学校に入学するも、在学中に敗戦を迎えたため軍人への道が絶たれ、1945年9月、東京府立第六中学校に復学。同年11月、旧制都立高等学校理科に編入学。1949年3月、旧制都立高校理科卒業。同年4月、東京大学医学部入学。1953年3月、東京大学医学部卒業。東大精神科、同脳研究所、東京拘置所医務部技官を経た後に、1957年よりフランス留学を果たす。パリ大学サンタンヌ病院、北仏サンヴナン病院に勤務し、1960年に帰国。同年医学博士号取得。学位論文 「日本に於ける死刑ならびに無期刑受刑者の犯罪学的精神病理学的研究」 東京大学附属病院精神科助手を経て、1965年、東京医科歯科大学犯罪心理学研究室助教授。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第9回 谷崎潤一郎賞

加賀 乙彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

加賀 乙彦の著書を検索する

加賀 乙彦の関連ニュース


加賀 乙彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、加賀 乙彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「加賀 乙彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.