賀川 豊彦

(カガワ・トヨヒコ)
賀川 豊彦(かがわ とよひこ、旧字体:豐彥、1888年(明治21年)7月10日 - 1960年(昭和35年)4月23日)は、大正・昭和期のキリスト教社会運動家、社会改良家。戦前日本の労働運動、農民運動、無産政党運動、生活協同組合運動において、重要な役割を担った人物。日本農民組合創設者。「イエス団」創始者。キリスト教における博愛の精神を実践した「貧民街の聖者」として日本以上に世界的な知名度が高い。茅ヶ崎の平和学園の創始者である。 妻の賀川ハルも社会運動家。息子の賀川純基は教会音楽家。孫の賀川督明はグラフィック・デザイナーであるとともに神戸の賀川記念館館長。 略歴・人物 兵庫県神戸市に、回漕業者・賀川純一と徳島の芸妓・菅生かめの子として生まれる。幼少期に相次いで父母と死別して、5歳の時姉と共に徳島の本家に引き取られるも、兄の放蕩により15歳の時に賀川家は破産してしまい、叔父の森六兵衛の家に移る。旧制徳島中学校(現在の徳島県立城南高等学校)に通っていた1904年(明治37年)、日本基督教会徳島教会にて南長老ミッションの宣教師H・W・マヤスより受洗。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

賀川 豊彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

賀川 豊彦の著書を検索する

賀川 豊彦の関連ニュース


賀川 豊彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、賀川 豊彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「賀川 豊彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.