貝原 益軒

(カイバラ・エキケン)
貝原 益軒(かいばら えきけん、1630年12月17日(寛永7年11月14日) - 1714年10月5日(正徳4年8月27日))は、江戸時代の本草学者、儒学者。 生涯・人物 筑前国(現在の福岡県)福岡藩士、貝原寛斎の五男として生まれる。名は篤信、字は子誠、号は柔斎、損軒(晩年に益軒)、通称は久兵衛。 1648年(慶安元年)、18歳で福岡藩に仕えたが、1650年(慶安3年)、2代藩主・黒田忠之の怒りに触れ、7年間の浪人生活を送ることとなる。1656年(明暦2年)27歳、3代藩主・光之に許され、藩医として帰藩。翌年、藩費による京都留学で本草学や朱子学等を学ぶ。このころ木下順庵、山崎闇斎、松永尺五、向井元升、黒川道祐らと交友を深める。また、同藩の宮崎安貞が来訪した。7年間の留学の後、1664年35歳の時、帰藩し、150石の知行を得、藩内での朱子学の講義や、朝鮮通信使への対応をまかされ、また佐賀藩との境界問題の解決に奔走するなど重責を担った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

貝原 益軒の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

養生訓 (現代人の古典シリーズ 8)


杉 靖三郎 編さん /
徳間書店

養生訓



中央公論新社

養生訓



殖産協会出版部

養生訓



殖産協会出版部

養生訓 (中公文庫)



中央公論新社

[新釈]養生訓


蓮村 誠 翻訳 /
PHP研究所 2014-08-08
貝原益軒が84歳のときに書いた健康についての指南書『養生訓』。300年以上前に書かれた健康で長生きし幸せに暮らす方法は、現代の病気予防、健康維持にも役立つ事柄が多い。「おもちの食べ方」「根菜の調理の仕

[新釈]養生訓


蓮村 誠(編訳) その他 /
PHP研究所

養生訓 (講談社学術文庫)


伊藤 友信 翻訳 /
講談社

養生訓・和俗童子訓 (岩波文庫)


石川 謙 編さん /
岩波書店
 『養生訓』は、体と心を一体に見た人間のトータルな健康法をまとめた書で、医学や儒学などの学問を基礎にして、飲食上の注意や長生きの秘訣、生活上の心構えなどがわかりやすい言葉で述べられている。『和俗童子訓

養生訓・和俗童子訓 (ワイド版 岩波文庫)



岩波書店
 『養生訓』は、体と心を一体に見た人間のトータルな健康法をまとめた書で、医学や儒学などの学問を基礎にして、飲食上の注意や長生きの秘訣、生活上の心構えなどがわかりやすい言葉で述べられている。『和俗童子訓

貝原 益軒の著書を検索する

貝原 益軒の関連ニュース


貝原 益軒のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、貝原 益軒と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「貝原 益軒」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.