海堂 尊

(カイドウ・タケル)
海堂 尊(かいどう たける、本名 江澤 英史、1961年 - )は日本の作家、医師、博士(医学)(千葉大学)。外科医、病理医を経て、現在は国立研究開発法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センターAi情報研究推進室室長。 千葉県千葉市出身。千葉県立千葉高等学校卒業後、千葉大学医学部医学科卒業、1997年に千葉大学大学院医学研究科博士課程修了、博士号取得。学位論文は「血液系細胞株K562におけるTPA誘導CD30抑制機構の解析」。 2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。2006年『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。2006年「週刊文春ミステリーベスト10」第3位。 病理医として国立研究開発法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院に勤務。千葉大学医学部非常勤講師も務める。しかし病理学会員が自身の抗議を坐視したため、17年間続けた病理医を2010年3月限りでやめる。オートプシー・イメージング(Autopsy imaging、Ai、死亡時画像病理診断)の重要性と社会制度への導入を訴える。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

海堂 尊の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

海堂 尊の著書を検索する

海堂 尊の関連ニュース


海堂 尊のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、海堂 尊と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「海堂 尊」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.