開高 健

(カイコウ・タケシ)
開高 健(かいこう たけし、かいこう けん、1930年12月30日 - 1989年12月9日)は、日本の小説家。 生涯 大阪市天王寺区で父・正義、母・文子との間に長男として生まれる。7歳の時に住吉区北田辺(現・東住吉区)へ転居。1943年4月に旧制天王寺中学校(現・大阪府立天王寺高等学校)へ入学、5月に国民学校教頭であった父が死去する。 第二次世界大戦後に旧制大阪高等学校文科甲類(英語)に入学するが、学制改革により翌年大阪市立大学法文学部法学科(現・法学部)を再受験し入学し直した。当時の文学論の仲間に高原慶一郎がいた。大学在学中、谷沢永一主宰の同人誌『えんぴつ』に参加。1952年1月、同人仲間だった詩人牧羊子(壽屋勤務)と結婚。同年7月13日に、長女開高道子が誕生。1953年2月、大学在学中に洋書輸入商の北尾書店に入社。1953年12月1日に大阪市立大学卒業。 1954年2月22日、すでに壽屋社員であった羊子が育児のため退社するのに伴い、後任者として壽屋宣伝部に中途採用され、PR誌『洋酒天国』の編集やウイスキーのキャッチコピー(トリスウイスキーの「人間らしくやりたいナ」が有名)を手がける。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第38回 芥川賞

開高 健の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)


George Orwell 原著 /開高 健 翻訳 /
筑摩書房

輝ける闇 (新潮文庫)



新潮社
輝ける闇 (新潮文庫) [文庫] 開高 健 (著)

輝ける闇



新潮社

輝ける闇



新潮社
『純文学書き下ろし特別作品 輝ける闇』です。昭和47年第10刷発行です。函に少しスレと押し痕があります。カバーに少しシミとややヤケがあります。見返しに書き込みがあり、天・小口・地に僅かにシミとヤケがあ

最後の晩餐 (文春文庫 か 1-5)



文藝春秋 2012-09-20
「腹のことを考えない人は、頭のことも考えない」。S・ジョンソン博士のこの痛烈深遠な格言にみちびかれてくりひろげられる、古今無類、かつて試みられたことのなかった食談の名品。いにしえの王者の食卓をも凌駕す

最後の晩餐



文藝春秋

パニック・裸の王様(新潮文庫)



新潮社 2016-03-11
とつじょ大繁殖して野に街にあふれでたネズミの大群がまき起す大恐慌を描く「パニック」。打算と偽善と虚栄に満ちた社会でほとんど圧殺されかかっている幼い生命の救出を描く芥川賞受賞作「裸の王様」。ほかに「巨人

開高 健の著書を検索する

開高 健の関連ニュース


開高 健のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、開高 健と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「開高 健」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.